オカモトレイジ、パパの顔チラリ プログラミングに初挑戦「コンセプトは子育て」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロックバンド・OKAMOTO’Sのオカモトレイジが11日、東京・渋谷モディで行われた新プログラム『「Shibuya Town with aibo」~自由にプログラミング編~』の発表会に出席した。

【写真】キュートすぎる…オカモトレイジらが制作した「aibo」

 ソニーは、自律型エンタテインメントロボット『aibo』の開発環境として、ソフトウェアAPIを同日より一般公開。同所では、いち早くaiboの動きが体験できるプログラムを実施。オカモトら3人のクリエイターが、それぞれオリジナルのaiboのふるまいを制作した。

 昨年6月には、妻で女優の臼田あさ美との間に第1子が誕生。今回、プログラミングに初挑戦したオカモトは「コンセプトは子育て」と明かすと「背中をさすったり、子どもでも楽しめる動きがある」とアピールした。

 さらに「パズルゲームみたいに先読みするのが好きなので、プログラミングは面白かったですね。一言じゃ表せないくらい、いろんなことができる」と笑顔で話すと「シンセサイザーと連動して動くようなものも面白いかも。波形に反応するプログラミングなんか作れそうですよね。(aiboが)ダンサーになってみたり」と想像を膨らませていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事