大原櫻子、新曲は初のダンスナンバー カップリングで作曲初挑戦も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優で歌手・大原櫻子のニューシングル「Shine On Me」(12月4日発売)の新ビジュアルやジャケット写真、収録内容の詳細が公開され、表題曲が初のダンスナンバーとなることが明らかになった。カップリングには作曲に初挑戦した楽曲も収録される。

【写真】流し目で肩をチラ見せ… ジャケ写&特典画像計13点

 打ち込みサウンドを取り入れた表題曲「Shine On Me」は、シングル曲では初となるダンスナンバー。今年行われた5周年記念の全国ツアーでダンスを披露しているが、実は小学生の頃からレッスンに参加していたという。後日公開予定のミュージックビデオではいよいよ本人のダンスパフォーマンス映像が公開される。作曲・プロデュースは丸谷マナブ氏、作詞はいしわたり淳治と丸谷の両氏が共作した。

 カップリングには大原本人が作曲に初挑戦した「Let Me Go」を収録。プロデューサーにはRyosuke "Dr.R" Sakai氏を迎え、コーライティング形式で本人も作詞作曲に取り組んだ。表題曲同様、打ち込みサウンドに切なくも力強い歌唱を乗せた新境地のナンバーとなっている。

 CDパッケージもダンスを意識したもので、完全生産限定盤には折りたたみダッフルバッグを封入。バッグやパッケージ上で踊っているキャラクターは、大原が“Dance”をイメージして描いたキャラをデータ化してレイアウトした。

 現在大原は毎週末に予約イベントを開催し、ニューシングル収録曲を歌唱している。17日に埼玉・大宮ステラタウンメ ローペ広場、11月24日に東京・ららぽーと立川立飛2F イベント広場で開催される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事