カンテレ・竹上萌奈アナウンサー、戯曲を初執筆 朗読会で上演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 劇作家・演出家わかぎゑふ氏が演出を手がけるカンテレアナウンサーによる朗読イベント『アナウンサー朗読会』が12月8日、大阪市北区のカンテレなんでもアリーナにて開催される。初演から18年目を迎える今回は「おはなしの暖炉」というテーマで、寒い冬に心温まる話を12人のカンテレアナウンサーが朗読。今年は竹上萌奈アナウンサー(27)が自身の祖父母をモデルに初めて執筆したオリジナル戯曲が上演される。

【写真】朗読を担当する谷元星奈アナや昨年も模様も

 2015年に入社し、現在は『報道ランナー』(サブキャスター・スポーツコーナー)、『競馬BEAT』、『千原ジュニアの座王』を担当している竹上アナ。子どものころから読書好きだったという。今回、朗読会用の上演作品を選定する際、自身の祖父母をモデルにしたストーリーを書いてみたいと思い立ち、2ヶ月かけて執筆した。7枚のA4用紙にまとめられたこの戯曲は、朗読作品であることを意識し、文節は短く、耳に残るように文章を読み上げながら書いたという。この作品を読んだわかぎ氏は「萌奈ちゃんの、これいいやん!」と、即採用が決定した。

 竹上の処女作となる『まんまるな君』は、認知症になった妻を、優しく見守る夫の目線で書かれた老夫婦の物語。妻はまんまるな顔立ちで、勝ち気なお嬢様。妻は認知症になって以来、夫を「じいや」と呼んでは無理難題をいいつけるが、夫は妻にあわせて「じいや」を演じる。

 認知症という現実に悲観的にならず、むしろ妻の見ている世界をともに楽しみながら、かけがえのない今を慈しむように寄り添う夫。なにかと妻に振り回される夫の様子がユーモラスに描かれ笑いを誘うが、ときおり妻がみせる “夫への不器用な愛情表現”に、夫婦の絆を感じさせる作品となっている。

 実際、竹上アナの祖母は勝ち気な材木商のお嬢様で、亡き祖父は寡黙で優しい夫だったそう。人物設定や作品中のエピソードは事実に基づいて描かれているが、認知症になったのは、実際は祖父のほうであったという。竹上アナは「祖母が明るく一生懸命に認知症の夫を介護する姿を見て、この作品を書いてみようと思いました。でも、実際の介護は大変だったので、そのまま書くとルポルタージュのようになってしまいます。今回は、物語として温かい出口にしたいと思ったので、フィクションを加えました。祖母を見て、人は何歳まで恋をしていられるのだろうという思いもありました」と語る。

 というのも、パワフルで仕切り屋の祖母は、生前の祖父を連れまわしてよくデートをしていたという。竹上アナは「祖母は祖父の文句を言いながらも、祖父の前に出る時は、いつも必ず綺麗にしていました。祖父が亡くなった後も、毎朝きちんとお化粧をしてから『おはよう』と遺影にあいさつしているんです。そんな祖母ってすごいなと思いました」と振り返る。物語のテーマになっている「夫婦の愛」は、祖母が夫に恋し続ける姿が下敷きになっている。

 朗読会の配役は、妻を谷元星奈アナウンサー、夫を林弘典アナウンサーが演じる。最後に竹上アナは「改めて自分の家族、好きな人など、大切な人がそばにいる有難さを感じていただけたら」と思いを語っていた。

 朗読会では、ショートショートの名手と呼ばれるオー・ヘンリー作『賢者の贈り物』や、わかぎ氏のオリジナル戯曲『ビバ・マリア』などが上演される。当日は、午前と午後の2回あり、観覧は11月15日締め切りでアナウンサー朗読会サイトや無料ファンクラブ・カンテレフレンズで募集中。各回300人(定員を超えた場合は抽選・未就学児の入場不可)。

 この朗読会の模様は、12月25日、午前4時29分~5時25分に放送される。

■アナウンサー朗読会イベント
12月8日(日) 前11:30~/後2:30~(※2回公演) 

【出演】
関純子 大橋雄介 豊田康雄 若田部克彦 林弘典 村西利恵 堀田篤 高橋真理恵 新実彰平 竹上萌奈 服部優陽 谷元星奈

【観覧申し込み】
アナウンサー朗読会サイト
https://www.ktv.jp/csr/ann/reading.html
無料ファンクラブ・カンテレフレンズ https://www.ktv.jp/kanteletimes_contents/club/index.html

■放送情報
『アナウンサー朗読会2019~クリスマスの朝に届くおはなし~(仮)』
12月25日 前4:29~5:25※関西ローカル

■朗読作品と出演アナウンサー

(1)『賢者の贈り物』オー=ヘンリー(青い鳥文庫/講談社)
妻:高橋真理恵
夫:堀田篤

(2)『とっかえべえ』江坂遊(花火ショートショートセレクションI/光文社文庫)
語り:若田部克彦
とっかえべぇ:大橋雄介
少年:新実彰平

(3)『まんまるな君』竹上萌奈オリジナル戯曲
夫:林弘典
妻:谷元星奈

(4)『ビバ・マリア』わかぎゑふオリジナル戯曲
朗読:関純子、林弘典、村西利惠、服部優陽、竹上萌奈、豊田康雄

■カンテレアナウンサーページ
https://www.ktv.jp/ktv/ann/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事