神木隆之介×中村倫也、“あざとかわいい”2ショット 妄想デートプランも明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の神木隆之介と中村倫也が12日発売の女性誌『andGIRL 12月号』に2ショットで登場。ミステリー映画『屍人荘の殺人』で共演する2人が作品の見どころや裏話、そしてアラサー女性との妄想デートまで語った。

【誌面カット】アップショットでドキッとする笑顔の神木隆之介&中村倫也

 同映画では大学のミステリー愛好会に所属し、学内の事件を推理する自称”ホームズ”と“ワトソン”という関係性の2人。インタビューでは以下のように作品や自身について答えている。

――『屍人荘の殺人』完成をご覧になった感想は?

【神木】人生であんなに気楽に試写を観たのは初めて。いつもは、芝居の確認とかいろいろ振り返りながら観るんだけど、何も考えずに普通に観て笑って。

【中村】作品全体がポップでキャラそれぞれが濃くて、笑っていいんだよ、何でもありなんだぜって空気感で密室殺人が進んでいく。宣伝文句でよく使われる新感覚、って言葉が自然に頭に浮かびました。

――アラサーってどんな印象ですか?

【神木】年上とかそういう感覚はもうないかな。でも女性の方が、いつでも精神年齢が上ですからね、そこはみなさん男子のことを優しく見守ってくれたらうれしいです。

【中村】服はロングスカートが好きかな。ミニは男としてイヤじゃないけど、自分の彼女だったら「短いよ」って言っちゃうね。女子が思ってるより他の男子は見てるから。

――ぜひ、妄想デートプランを教えてください!

【中村】車でのんびりデート。動物園とか水族館とか行き先だけ決めておいて、車内では音楽をかけて熱唱したり、道中気になる場所があれば寄ったりして。

【神木】僕も車の運転が好きだからドライブかな。あとは、僕目的地に着くまで車降りないので、運転中に彼女にご飯食べさせてもらいたいです。

――中村さんと付き合ったらどんな特典がありますか?

【中村】それはまだ教えません。付き合ったらわかるよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事