奥田民生らによるカーリングシトーンズ、11・29『壮年マガジン』発刊
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 寺岡呼人(51)、奥田民生(54)、斉藤和義(53)、浜崎貴司(54)、YO-KING(52)、トータス松本(52)の6人が昨年結成したバンド・カーリングシトーンズが、今年創刊60周年を迎える『週刊少年マガジン』(講談社)とコラボし、『壮年マガジン』(講談社)を11月29日に刊行することが明らかになった。

【写真】初話がまるまる『壮年マガジン』に掲載される『タイガーマスク』

「少年時代の『ワクワク』を大人になっても忘れるな」「夢と希望を、大人になった今こそ胸に!」をコンセプトに掲げ、メンバーが真面目に遊び倒したという本作。バンドのリーダーである寺岡シトーンが編集長として、企画から監修まで担当した。

 懐かしの名作『タイガーマスク』の初話の掲載や、『初代「タイガーマスク」佐山サトル氏に会いに行く』など「あの頃」を感じるコンテンツや、メンバーが大好きだというルー大柴を講師に迎えた『ルー大柴氏による特別講義「シトーンの上にも50年!」』、さらに『伝説の2018年9月23日お台場でのデビューライブを誌上再現!』や『ここでしか読めない、メンバー全員座談会!』『デビューアルバム『氷上のならず者』全曲解説!』などバンド活動に関することまで、全部で12の特別企画を掲載している。

 撮影を三浦憲治氏、デザイン監修を安齋肇氏が手掛けるなど、スタッフも豪華メンバーが集結。「大人の遊びゴコロ」とメンバーが少年時代を生きた「世代感」を意識したパワーみなぎる内容に仕上がっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事