Linked Horizon、サウジアラビアで日本人初ライブ Revo「イェーガーができて最高」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界中で大人気のアニメ『進撃の巨人』シリーズのテーマソングを手がけるLinked Horizonが現地時間14日、サウジアラビアの首都リヤドで初開催されている公式ジャパニメーションイベント『SAUDI ANIME EXPO 2019』(11月14~16日)に招かれ、ライブパフォーマンスを行った。サウジアラビアで日本人アーティストがライブを行うのは初とあり、特設会場内メインステージに集まった現地の観客1万6000人を沸かせた。

【ライブ写真】拳を掲げて熱狂する現地ファン

 『SAUDI ANIME EXPO 2019』は、展示や体験コンテンツ、ステージパフォーマンスを通して、サウジアラビアに日本のアニメを発信していく国内最大のイベント。初の日本人アーティストとして招待されたLinked Horizonは、キャストとスタッフ総勢60人以上日本から帯同させ、通常のワンマンライブとほぼ同じステージを作り上げた。

 Linked Horizonはこれまでにも積極的に世界各地でライブを行ってきたが、中東は初。テレビアニメ『進撃の巨人』Season1前期オープニング主題歌「紅蓮の弓矢」からパフォーマンスが始まった瞬間、初めて生で見るLinked Horizonのライブパフォーマンス、独特な世界観に会場は熱狂の渦に包まれた。

 主宰のRevoはアラビア語でのMCに初挑戦し「こんばんは、Linked Horizonです。サウジアラビアには初めて来ましたが、今夜、皆さんと共に“イェーガー”ができて最高です! ありがとうございます」とあいさつ。現地の観客から割れんばかりの拍手が送られた。

 キャストの歌姫・松本英子が「14文字の伝言」を、続いて福長実咲が「彼女は冷たい棺の中で」を歌い上げ、クライマックスでは『進撃の巨人』Season2オープニング主題歌「心臓を捧げよ!」を熱唱。その場にいる全員が左胸に拳をあてる“心臓を捧げよ”ポーズを決め、会場の熱気は最高潮に。Revoは再びアラビア語で「ありがとう、サウジアラビア。また会いましょう!」と再会を誓ってサウジ初ステージを締めくくった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事