甲斐翔真、来年をさらなる飛躍の年に「さらに仕事の質を上げていきます!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の甲斐翔真(22)が16日、都内で『甲斐翔真 2020年カレンダー』の発売記念イベントを開催した。

【写真】キリッとした表情でカレンダーをアピールする甲斐翔真

 2020年1月から始まるミュージカル『デスノート THE MUSICAL』で主演の夜神月役を演じ、同じく1月公開の映画『シグナル100』では橋本環奈演じるヒロインを守ろうと奮闘するサッカー部キャンプテン西園寺聖也役として出演するなど活躍の幅を広げる甲斐。今回のカレンダーは、ファッション誌『NYLON JAPAN』とタッグを組み、甲斐の持つ“男らしさ”に艶やかな“花”を掛け合わせた12の作品を使用。置くだけで日常に花を添えることができるような作品になっている。

 カレンダーのテーマについて聞かれると「2020年、役者として花を咲かせたい、という願いを込めて“花”をテーマにしました」とアピール。お気に入りは自身の誕生月でもある11月のカットだそう。「僕の好きな青色を基調としたさわやかなカットになっています。手に持っているのは誕生花のデルフィニウムで花言葉は『清明』なんです。清く明るい俳優さんになりたいです」と抱負を語った。

 今年について「いろんなお仕事をさせていただき、充実した1年でしたが、自分では『まだできる』『まだギアを上げられる』という年でした」と振り返ると「この1年を2020年への助走の年にして、来年は楽しみながらもさらに仕事の質を上げていきます。『デスノート THE MUSICAL』は自分にとって大きな転機になりそうです。そんな思いがあるので、気合い120%、いや200%でやっていきたいです!」と目を輝かせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事