電気グルーヴ、新マネジメント会社設立 FCでビデオメッセージ公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電気グルーヴが18日、新会社『macht inc.』の設立を発表した。これに伴い、公式サイトのリニューアル、インスタグラムやYouTubeアカウントの新設、Webショップ『DENKI GROOVE ONLINE STORE』と新ファンクラブ「DENKI GROOVE CUSTOMER CLUB」をオープンさせた。

【写真】石野卓球、ピエール瀧と1ヶ月半ぶり再会で笑顔

 同社は、電気グルーヴ、石野卓球、ピエール瀧のマネジメントを中心に、さまざまな事業を展開。電気グルーヴのオリジナルグッズを販売するWebショップ『DENKI GROOVE ONLINE STORE』では、天久聖一、STEREO TENNIS、Toya Horiuchi、杉本陽次郎、桜樹イルの各氏のデザインによる20種のアイテムがラインナップ。きょう18日から11月30日まで受付、販売する。

 新ファンクラブ『DENKI GROOVE CUSTOMER CLUB』は、niconico、note、Facebookの3種のプラットフォームで運営。内容・価格は同一となっており、ユーザーが選んで入会できるようになっている。いずれも現在、電気グルーヴからのビデオメッセージが公開されている。

 電気グルーヴは、ピエール瀧が3月12日に麻薬取締役法違反で逮捕され、起訴直後の4月2日に所属していたソニー・ミュージックアーティスツがマネジメント契約を解除。石野卓球も6月30日で同社とのマネジメント契約を終了。これに伴い、同社の電気グルーヴのマネジメント業務も終了していた。

 きのう17日は、電気グルーヴが設定した記念日「鬼日(キビ)」が30年目を迎え、1日限定の“電鬼”グルーヴ仕様になった公式サイトで、「人に人権、鬼に鬼権を!」とメンバーからのメッセージを掲載。ピエール逮捕後、ユニットとして初めて動きを見せた。公式サイトも7月1日以来の更新となり、ファンがSNSで「電気グルーヴ久しぶりに動いた!!」と話題になっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事