『ターミネーター』V2 、『すみっコぐらし』2位浮上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月16日・17日、週末(土日)2日間の動員&興行収入ランキングは、『ターミネーター:ニュー・フェイト』が2週連続で首位を獲得した。2日間で動員20万5000人、興収3億円をあげ、累計では動員95万人、興収13億円を突破した。

【画像】『映画 すみっコぐらし』が2位浮上

 2位は、前週3位の『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』が、土日2日間で動員14万8000人、興収1億8300万円をあげ、2位にランクアップ。先週に比べ、動員比で43%、興収比で52%もアップする大躍進を遂げており、今後の展開から目が離せない状況となっている。累計では動員33万人、興収4億円を突破した。

 3位には土日2日間で、動員13万5000人、興収1億8800万円をあげた『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』がランクイン。先週よりワンランクダウンしたものの、興収では2位となっている。累計ではまもなく動員92万人、興収13億円に届く勢いだ。

 新作では『エンド・オブ・ステイツ』が8位に初登場。初日から3日間の累計では動員4万人、興収5000万円を超えるスタートを切った。『エンド・オブ・ホワイトハウス』『エンド・オブ・キングダム』に続く、「エンド・オブ〜」シリーズ最新作で、ジェラルド・バトラーがシークレット・サービス最強のエージェント、マイク・バニングを、モーガン・フリーマンが大統領役を続投するほか、ジェイダ・ピンケット=スミス、ニック・ノルティらが共演。監督は『ブラッド・スローン』『オーバードライヴ』のリック・ローマン・ウォーが務めている。

 既存作品では、4位の『ジョーカー』が累計で動員317万人、興収46億円を、7位の『マレフィセント2』が動員97万人、興収13億円を突破している。

 また、The H Collective社製作の映画作品を日本で配給する合弁会社「Rakuten Distribution株式会社」による配給作品第1作目『ブライトバーン/恐怖の拡散者』(Rakuten Distribution/東宝東和)は11位のスタートとなっている。

(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事