『時効警察』麻生久美子vs吉岡里帆がプロレス「筋がいい」現役レスラーも絶賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』(毎週金曜 後11:15~深0:15※一部地域を除く)。きょう22日放送の第6話(脚本:田中眞一、監督:大九明子)は、すでに報じられているとおりのプロレス回。

【写真】三日月しずか&彩雲真空の別カット

 時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が、名(迷)助手・三日月しずか(麻生久美子)と共に未解決事件の謎に挑む本作。第6話では、観客2000人の前で人気レスラーが謎の死を遂げた時効事件を、霧山が捜査。亡くなったレスラーが所属していた「気合プロレス」のCEO役に寺島しのぶ、彼女を“お嬢”と呼んで慕うレフェリー役に柳葉敏郎、さらに「DDTプロレスリング」所属のHARASHIMA、佐々木大輔、男色ディーノら現役プロレスラーも『時効警察』に初参戦し、プロレスさながらの熱きパフォーマンスを繰り広げる。

 そんな中、前代未聞のシングルマッチも組まれることに! 劇中では霧山と三日月が時効捜査のため、プロレス好きの新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)と共に「気合プロレス」の一般練習生になり、あれよあれよという間に、三日月と彩雲が、待ったなしのプロレス3本勝負を行う展開に。

 麻生&吉岡は撮影中、卍固めなどプロレスラー顔負けの技も繰り出し、雄叫びと闘志が交錯する火花散る試合を展開。撮影を見ていた現役プロレスラーたちも「二人とも教えたことがすぐ出来る! 体の使い方は麻生さん、研究熱心さは吉岡さんですね!」(HARASHIMA)、「筋がとてもいいと思います。プロレスラーを目指しては?」(男色ディーノ)と称賛するほどの大立ち回りを演じる。吉岡に至っては、第4話で挑んだゾンビメイクもビックリの“そこまでやるか!超絶ビジュアル第2弾”も披露する。

 麻生は「なかなか人にプロレス技をかける機会はないと思うのですが、今回、吉岡さんに卍固めをかける機会をいただき、とても貴重な経験ができました。なにより吉岡さんの弾けっぷりが素晴らしいです!!」と、コメント。

 吉岡も「三日月さんと技を掛け合うという思い出深いプロレス回。ゼェハァ言いながら撮影したのが昨日のことのように思い出されます。そしてまたまた、とんでもない姿になりました(笑)。本気と書いてマジ!! 本気選手のまじで熱いプロレス愛とともにお届けします」と、アピールしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事