ふぉ~ゆ~辰巳雄大、20年前の相葉雅紀との秘話披露 『相葉マナブ』でみそ作り挑戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループ・嵐の相葉雅紀のレギュラー番組『相葉マナブ』(テレビ朝日系・毎週日曜 後6:00)の8日放送回に、後輩グループのふぉ~ゆ~の辰巳雄大と松崎祐介がゲスト出演。毎年恒例の信州みそ作りを行う。

【動画】嵐のライブダイジェスト「みんなと過ごした20年!!!!! 」

 2015年から行っているみそ作り。17年には嵐の二宮和也、18年にはHey! Say! JUMPの知念侑李とともに味噌を仕込んだ。今回も、毎年お世話になっている長野県須坂市の老舗みそ蔵を訪れる。

 目にするもの全てが初めての辰巳と松崎は、みそ作り用の木おけが江戸時代末期から使われていると知り大興奮。「アニキ!」と呼ばれ慕われている相葉は、後輩たちに手際よく指示を出してみそ仕込みの作業を進めていく。さらに昨年に知念と一緒に仕込み、1年の熟成期間を経て完成した“相葉マナブみそ”と対面。全員でその味を確かめ「うまい」「香りがいい」「なめらか」などと感想を述べ合っていく中、後輩2人のノリの良さに、相葉は「今日は楽しくなりそう!」と期待の笑みを浮かべる。

 収録中はトークも大盛り上がり。1年前に仕込んだみそで作った焼きおにぎりを食べながら、相葉と辰巳の約20年前の懐かしいエピソードが語られる。相葉が当時11歳だった初対面の辰巳から掛けられた言葉とは…?当時の貴重な映像を交えながら紹介される。さらに、みそと信州の様々な伝統野菜をたっぷりと使った料理を作る場面では、松崎が相葉とのプライベートについてトーク。さらに突然、ラップまで披露!? 一方、辰巳はお世話になっている“あの大先輩”のモノマネに挑戦する。

 最後は、相葉がお世話になったみなさんへのお返し料理として“意外な1品”にチャレンジ。「生で相葉くんの調理を見られるのはうれしいですね!」と後輩たちも喜ぶ、その料理とは…。

 なお、番組では公式ツイッター【@aibamanabu_5tva】がスタート。番組に関する情報をたっぷりと発信していく予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事