【いだてん】宮藤官九郎&松坂桃李、最終回よりひと足先にゴール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKで放送中の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(毎週日曜 後8:00)にあわせて、全国各地で開催してきた「大河ドラマ『いだてん』トークツアー」。その「グランドファイナル」が8日、静岡県浜松市で開催された。登壇者は、1964年東京五輪の組織委員会、式典課のメンバーである岩ちんこと岩田幸彰を演じる松坂桃李と、『いだてん』の作者である宮藤官九郎。ドラマの最終回(第47回)より1週先にゴールテープを切ることになった。

【写真】『いだてん』第46回の場面写真

 後半の主人公・田畑政治ゆかりの浜松市での開催ということもあり、観覧には1万3000件以上の応募があり、9倍の倍率となった抽選で当選したおよそ1400人の観客が集まった。

 トークイベントは、松坂の「最後ということで、このような特別な日に皆さんと過ごせる時間を大切にしたいなと思っています」というあいさつでスタート。

 松坂が演じる岩田について宮藤は「紀行でも紹介されていましたが、岩田さんは二枚目で、とにかく女性に人気があったんです。第40回に岩ちんが田畑さんに初めて会うときに、国立競技場で打合せしてたら、向こうから岩ちんが手を振りながら走ってくるシーンがあるんですが、本当は『早く着きすぎちゃったんで女性といちゃいちゃしてました』というせりふがあって、遠くに見える女性とイチャイチャしていたという設定だったんだけど、カットになった」と、暴露した。

 実は撮影はしていたらしく「撮影したんですよね? どういうイチャイチャだったんですか?」と宮藤が問い詰めると、松坂は「ひざ枕をされて、おにぎりを食べている、という感じでした。(撮影時に)『相手の方はお付き合いをされている方ですか?』と聞いたら、『妻です』って。相手は奥さんだったんです」と、宮藤も知らない設定が加わっていたことが判明。

 宮藤は「早く着きすぎたから奥さんとイチャイチャしていたんですか!」と爆笑しつつ、「岩田さんはどんなに忙しくても、コンパニオンの面接だけは自分でやったっていうのは史実なんです。そこに前回(第45回)、金栗(四三)さん(中村勘九郎)が来たのは創作です」と、説明。松坂は「ぼくは金栗四三さんとお会いする機会がないと思っていたので、あそこで共演できたのはすごくうれしかったです」と感謝した。

 『いだてん』には、うそのような本当の話、史実がたくさん盛り込まれていた。宮藤は「岩田さんは初めての専任の職員なんです。それまでの人たちは組織委員会をやりながら他に職もあった。それを田畑さんが『岩ちんオリンピック専門にやってくれ、会社辞めてこい』って。だから田畑さんの犠牲に一番なっている人なんですよね。昔は自由というか、『こいつやる気あるから』と田畑さんが決められた時代だった。森西さんのタクシーのエピソードも本当なんですけれど、そういう自由参加みたいな雰囲気があったんでしょうね」と、しみじみ。

 8日に放送された第46回にも「田畑さんが組織委員会に乗り込んで、ずばっと良いせりふを言うんですが、実は岩田さんが文章に残していたものなんです」と、出典を明かしていた。

■田畑政治と阿部サダヲについて

 続いて、後半の主役である田畑政治(阿部サダヲ)について、質問に○×で回答する形でトークを展開。

Q:「まーちゃんの下で働きたいか」
A:松坂=○/宮藤=×

宮藤「田畑さんのことを語っている本を読むと、『まーちゃんの喜ぶ顔を見たいとか、まーちゃんのためなら、という気持ちで集まってきた』という事が書かれているんですけど、僕はその中にいないだろうなと…。でも、ドラマの中でもそうですけれど、ポスターができた時に『いいよ!』という、ああいう気持ちよさは、自分でも書いていてこうありたいな、と思いましたね」

松坂「目標が同じだったら、まーちゃんみたいに突拍子もない発想が出てきたりするとすごく楽しいだろうし、『じゃあやってやろうかな』という気持ちになるんじゃないかなと思って。今だったらものすごい社長になっている感じもしますよね。やることはすごいけどめちゃくちゃだから、下の人たちが代わりにしっかりしてくるというバランスのとれた会社になるかもしれません」

Q:まーちゃんと阿部サダヲさんが、どっちがどっちかわからなくなった時があった?
A:二人とも×

松坂「阿部さんすごく静かですからね」
宮藤「全く違いますよ。口数は少ないですし、すごく静かです。撮影であれだけわーっとしゃべっても、すっと静かになる」
松坂「それでぽつっと面白いことを言う」
宮藤「だから余計にすごいなと思いますね」
松坂「どういうスイッチがあるんですかね?」
宮藤「僕も30年ぐらいつきあってるけど、会話よりせりふを聞いている量が多いくらいですね」

■12月15日が最終回 ついに東京オリンピック開会式を迎える

 トークショーの後は、午後6時から放送された第46回を観客とともに鑑賞。恒例の観客との写真撮影は、1月から始まったトークツアーのグランドファイナルということで、長くつながれてきたたすきを掛け、主役2人のパネルとともにゴールテープを切る姿で撮影された。

 最後に、松坂は「非常にいろんなものが受け継がれ、バトンを渡されて、見てくださる方にはぐっとくる物があると思います。最終回をお見逃し無く」と、アピール。

 宮藤は「浜松といえば田畑さんですが、実は志ん生さんが来てた勝鬨亭があって、志ん生さんは浜松の思い出をよく語っているんです。浜松は『いだてん』にとって縁のあるところです。みなさん本当にありがとうございました」と、締めくくっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事