広瀬すず主演『一度死んでみた』、劇伴はヒャダイン担当 本予告映像も解禁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の広瀬すず主演で、吉沢亮と堤真一が共演するコメディー映画『一度死んでみた』(2020年3月20日公開)の本予告映像が解禁になった。また、本作の劇伴をヒャダインこと音楽クリエイターの前山田健一が担当することも発表された。

【動画】劇伴はヒャダイン!映画『一度死んでみた』本予告映像

 同作は、ソフトバンクの『白戸家』シリーズなどのCMを世に送り出しているCMプランナー・澤本嘉光氏がオリジナル脚本を手がけ、auの『三太郎』シリーズなどを手がけているCMディレクター・浜崎慎治氏が映画初監督を務める。

 広瀬は、売れないデスメタルバンドでボーカルを担当する女子大生の七瀬を演じ、製薬会社を経営する父親・計(はかる)を堤、計の部下で存在感がなさすぎる松岡を吉沢が演じる。“2日間だけ死んじゃう薬”を飲んだ計が仮死状態になり、2日後には生き返るはずだったが、何者かの陰謀によりそのまま火葬されてしまいそうになる。父が大嫌いだった七瀬だが、松岡とともに立ち上がることを決意し、計を生き返らせようと奮闘していく。

 映像は、七瀬が面接で「野畑七瀬、慶明大学薬学部3年デス! 嫌いなものは野畑計、私の父デス!」とインパクトあるシーンでスタート。さらに毛先をピンクに染め、デスメタル調のロック衣装で「死んでくれ~」と父への不満をシャウトする場面や、影の薄い松岡がビールを片手に激変する姿なども盛り込まれている。

 映画の劇伴を担当するのは『海月姫』(14年)以来、2作目となるヒャダインは「何より広瀬すずさんの歌唱! さいっこうデス! 魂の叫びデス! 本職のメタラーの知り合いに直伝してもらったヘドバンやライブパフォーマンスもめっちゃかっこいいデス!」と体当たりで演技している広瀬を絶賛している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事