『有吉の壁』新春SPにチョコプラ、かが屋ら51人参戦 伝説ネタ芸人との新企画も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いタレントの有吉弘行がMC、モデルでタレントの佐藤栞里がアシスタントを務める日本テレビ系バラエティー特番『有吉の壁』の第13弾となる『有吉の壁 新春SP』が、来年1月5日に放送されることが決定した(後10:30~11:25)。

【写真】MCの有吉弘行とアシスタントの佐藤栞里が笑顔で撮影

 今回は、総勢51名の芸人たちが参戦。ロッチ中岡、シソンヌ、チョコレートプラネット、ジャングルポケット、パンサーといった常連組と、かが屋、ティモンディ、ゾフィーなど、いま話題の若手芸人たちが本選に初参戦し、限られた放送枠をめぐって全力のお笑いバトルロワイヤルを繰り広げる。

 人気コーナー「一般人の壁を越えろ!」では「おもしろ東京ドームシティの人選手権」と題して、数々のアトラクションや子ども用テーマパーク、さらにはスポーツ施設などで
さまざまなシチュエーションを生かして、おもしろい人を演じる即興ネタを披露。超個性的な助っ人芸能人が入った「お助けガチャ」も施設内に設置されており、予想外の芸能人と旬な芸人たちが一致団結して有吉を笑わせる。

 さらに、誰もが知っている伝説のネタを、『有吉の壁』芸人と掛け合わせると何が生まれるのかを実験する新企画「伝説のネタ! 令和バージョンアップ選手権」も開催。伝説のネタを持つ本家芸人6組(クールポコ、小島よしお、ジョイマン、テツandトモ、とにかく明るい安村、パペットマペット)を迎えて「令和時代に合わせてバージョンアップ」したコラボネタを披露し、有吉が「さらなる伝説を生みそう!」と判断すれば1ポイントが与えられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事