中条あやみ、追い込まれてパラカヌー上達 監督「オリンピックいける」と“お墨付き”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の中条あやみが12日、都内で行われたクリエイターの発掘と育成を目的とした『TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM 2019』新作披露会に登壇。2017年の審査員特別賞となった映画『水上のフライト』(2020年公開)で主演を務め、パラカヌーに挑戦した中条だが、苦労しながらも、みるみるうちに乗りこなせるようになった裏話を明かした。

【全身ショット】黒のロングスカート姿で登壇した中条あやみ

 披露会には兼重淳監督と、企画・脚本を手掛けた土橋章宏氏も登壇した。映画ではパラカヌー選手を演じる中条。最初にパラカヌーを練習する映像が流され、中条は「普通に漕いでいるように見えるが、ボートに乗るだけの練習すらできなかった。映画が成り立つのが心配だった」と告白。兼重監督も「ピアノ線で引っ張ったり、合成しなきゃいけないかなと思った」と本音を漏らした。

 しかし、撮影期間がタイトだったせいか、中条がみるみるうちに上達。中条は「追い込まれる状況になって、気付いたら早くこげるようになっていた」と苦笑。兼重監督は「ものすごく運動神経が良くて、スイスイと(乗りこなした)。今から本気出せば、東京オリンピックの次のオリンピックにいけると思う(笑)」とべた褒めだった。

 ストーリーは、将来を約束されたスポーツ選手として活躍していた中条演じる遥が、不慮の事故により下半身麻痺(まひ)となる。将来の夢を断たれた遥は、人生初めての挫折に心を閉ざすが、ハンディキャップを障害ではなく、個性として捉える人たちとの出会いによって、人を寄せ付けなかった彼女が新たなパラカヌーという夢にたどり着く。

 新作披露会では、映画『裏アカ』(2020年公開)の加藤卓哉監督も登壇。このほか、クリエイターの発掘と育成を目的とした『TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM 2019』の最終審査会も行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事