乃木坂46新センター・遠藤さくらが魅せる、18歳の“青春感” 『FRIDAY』4週連続第2弾
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気アイドルグループ・乃木坂46の遠藤さくら(18)が、13日発売の写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)の表紙とスペシャルフォトブック登場。新センターに抜てきされた高校3年生18歳の輝きを捉えた“青春感”満載なグラビアとなっている。

【別カット】遠藤さくらが魅せる、18歳の“青春感”

 昨年夏に開催された坂道合同オーディションで合格した遠藤は、今年5月に行われた横浜アリーナでの4期生単独ライブでも大半の楽曲のセンターを任された期待の星。9月発売の24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」では初めてセンターに起用された。

 今回の撮影は9月上旬に鎌倉周辺で実施。バスルームで濡れた髪を乾かす様子や、制服姿で商店街を散歩する様子など、18歳らしいみずみずしさが溢れた16ページとなっている。

 同誌では、創刊35周年特別企画として4週連続で乃木坂46メンバーが表紙を飾る。第1弾の齋藤飛鳥、第2弾の遠藤に続いて、来週以降どんなメンバーが登場するのかも注目したい。

 また、同誌で連載中の乃木坂46のオフショット連載「乃木撮」をまとめた写真集『乃木撮<のぎさつ>VOL.02』が17日に発売。同シリーズは、累計発行部数53万部を突破し“女性アイドルグループ写真集史上最大のヒット作”となっており、第2弾にも期待が高まっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事