女性“イカ画家”が感じる魅力とこだわり「艶めかしさといかがわしさが共存」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アオリイカの美しさに魅了されて以来、イカそのものを画材にもしながらイカの美を追求してきた“イカ画家”の宮内裕賀氏。そんな彼女の作品「イカトカイ」は、東京ミッドタウンで開催されたアートコンペティション『TOKYO MIDTOWN AWARD 2019』で準グランプリを獲得するなど、世間の高い評価を受けている。ひたすらイカだけを描き続けている宮内氏に、イカの魅力やそのこだわりを聞いた。

【画像】砕いたイカの水晶体を全体にちりばめたイカ絵

■地球外生物のような美しさにひと目惚れ

――イカを題材に描こうと思ったきっかけを教えてください。
宮内裕賀 2004年ごろに実家の鹿児島県大隅半島に帰ったとき、近所のおじさんが持ってきてくれた、釣りたてのアオリイカを見たのがきっかけです。それまでイカは食材としてしか認識していなかったのですが、そのときのアオリイカがあまりにも美しくて……。目が大きくて、色素胞の動きで体色がチカチカ明滅するように見えて不思議でした。地球外生物のような感じがしました。しかも、お刺身で食べたらとても美味しいんです。

――そこから絵の題材にしようと?
宮内裕賀 ちょうどその時期にウェブデザイナーの勉強をしていたのですが、油絵を公募に出す課題でモチーフを探していて、描いてみようと思い立ちました。油絵でイカの作品をつくると、それまでにないしっくりくる感じがあり、それからイカばかりを題材にするようになりました。でも、描いていくうちに、多くの人が「なんでイカを描くの?」と聞いてくるんです。犬や猫を描いても、そうは聞かれないですよね。私がイカに対して感じている魅力が、ほかの人にはわからないんだと実感して、その差を埋めたいという気持ちも強かったです。

――イカと出会ったことで、絵の描き方は変わっていった?
宮内裕賀 出会う前は基本的には油絵をやっていたのですが、イカを描くようになってからは、イカ墨を画材に取り入れています。墨を使うと水墨画になるので、自然と日本画への興味も沸いてきました。

――画材としてイカ墨を使うようになったきっかけは?
宮内裕賀 イカを解剖して、臓器などを観察することで、イカがどのように生きてきたかを調べていたんです。そのとき、誤ってイカ墨の袋を破ってしまったら、黒い墨が出てきて……。真っ黒になってしまったのですが、すごく力強さを感じて、イカ墨を使ってイカの絵を描けないかと考えました。ただ、真っ黒ではないんです。だんだん褐色に変化して、セピア色みたいになります。レオナルド・ダ・ヴィンチのイタリアのルネサンス期は、普通にインクとしてイカ墨が使われていたそうです。セピアという言葉は、イカ墨という意味ですからね。

■イカ墨、コウイカの甲、ケンサキイカの水晶体を画材に使用

――イカ墨のほかにも、コウイカの甲や、ケンサキイカの水晶体なども画材として使用されています。
宮内裕賀 イカは、貝から進化したと学術的には言われているのですが、その名残が甲です。日本画に使う白い絵の具は貝殻で作られているので、イカの甲も使えるのではないかと考えて、粉末にして絵の具にしました。ただ、どれぐらい粒子を細かくするかで発色が変わるので、調整はとても難しいです。

――ケンサキイカの水晶体は?
宮内裕賀 キラキラしたビーズみたいなもので、装飾用途で使っています。ラメのような感じを出すために、細かく砕いて全体に塗るなどします。ほかには、いまキャンバスもイカにできないか試行錯誤しているんです。でも、乾燥させると香りが残ってしまったり、カビが生えてしまったりして劣化するので、なかなか難しい。

――イカの絵を描くうえで、イカを画材に使うことによる効果というのは表れているのでしょうか。
宮内裕賀 材料の調達はもちろん、甲を粒子にする作業などはすごく手間がかかります。それで描きあげても、イカを使ったからこそ……という部分は正直出ているかわかりません。自己満足だと思います。でも描いているときは、イカそのものを使っているという念を込めて、画材を大切にしているので、その部分が絵ににじみ出ているのかなという気持ちはあります。

■経済的に厳しくなり、イカを買うのも困難に

――イカとの衝撃的な出会いから、イカ画家として成功されるまでは順調でしたか?
宮内裕賀 イカに出会い、学校を卒業してから会社員として働いていましたが、絵を描くこととの両立が難しくなり、アルバイト生活に切り替えました。当然のことながら、経済的には厳しくなっていき、イカを買うのにも苦労するようになって。でも、お魚屋さんやお寿司屋さんから画材になるイカを提供していただいたり、ご飯をごちそうしてくださる方がいたりして、いろいろな方にすごく助けてもらいながら、なんとか描き続けることができました。そうした多くの人との出会いがあって、少しずつイラストを使ってもらったり、展示会ができるようになったりしていきました。

――イカ画家としてやっていくなかで、転機となったのは?
宮内裕賀 地元の鹿児島で開かれたアートイベント『第14回ナマ・イキVOICE アートマーケット』でグランプリをいただき、賞金10万円を手にしたんです。そのお金を元手に、東京のイベントに参加しようとしましたが、東日本大震災があって中止になりました。でも、どうしても自分の作品を発表したいという思いがあったので、鹿児島で個展を開いたんです。その個展がきっかけで、福岡での個展につながったり、ホテルとコラボしてお店でイカメニューを出してもらったりと広がっていきました。

■たくさん食べてきたイカが、私にイカの絵を描かせている

――宮内さんが感じるイカの魅力とは?
宮内裕賀 曲線の美しさやその透け感には、艶めかしさと、いかがわしさがありますよね。美しさを感じます。でもそれを言語化するのがとても難しいので、絵に描いているんだと思います。

――イカの絵だけを描き続けるモチベーションはどこから?
宮内裕賀 いつも描いているときは「これだ!」と思っているのですが、出来上がった自分の絵を見ると「本当のイカはもっと美しいのに」と感じでしまうんです。それの繰り返しです。でも逆に言えば、イカの究極の美しさを求めているから、ずっと描き続けているんだと思います。自分のイカの絵を見た人が、普段からイカのことを意識してもらえるきっかけになったら嬉しいという気持ちで発表しています。

――この先、イカ以外を描くことは?
宮内裕賀 いまはイカのことだけで頭がいっぱいなので、ほかのものを描こうという気持ちにはならないです。イカまっしぐらという感じ。

――イカを食べるのも好きなんですか?
宮内裕賀 大好きです。イカは食べてもおいしくて、それも大きな魅力のひとつ。私がたくさん食べてきたイカが、私にイカの絵を描かせていると思っています。
(文:磯部正和)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事