綾瀬はるか『ぎぼむす』謹賀新年ビジュアル完成 竹野内豊も登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の綾瀬はるかが主演する来年1月2日放送のTBS系ドラマ『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』(後9:00)のキービジュアルが完成した。『謹賀新年スペシャル』と銘打つように、令和初のお正月らしさを盛り込んだビジュアルになっており、綾瀬演じる“義母”の亜希子はもちろん、上白石萌歌や井之脇海、佐藤健らメインキャストはもちろん、亜希子の膝の上には赤ちゃん、そして連ドラ中に亡くなった竹野内豊が演じる亜希子の夫・良一の姿もある。

【場面カット】”ぎぼむす”が帰ってくる!佐藤健らメインキャストも登場

 同ドラマは桜沢鈴氏による4コマ漫画を原作に、2018年7月期より連ドラとして放送。今回のスペシャル版は、その物語の1年後をドラマオリジナルストーリーで描き、義母と娘と2人を支える人間たちの愛が詰まった物語の完全新作となる。

 このほど、スペシャル版のゲストとして武田鉄矢の出演が決定。大阪の大手コンサルタント会社に勤める亜希子が担当するクライアント『ゴルディック』の社長・山本勘九郎を演じる。今作の物語に大きな影響を及ぼす重要な役どころとなっており、この他にもコンサル会社の亜希子のボス役に橋本さとし、みゆきが大学で所属している企業サークルの先輩・桜向日葵役を吉川愛が起用された。

 また、今回お披露目されたビジュアルを使用した『亜希子さんからの年賀状が届く』スペシャル企画も開催。TBS公式LINEアカウントを友だち登録し、14日の午前6時以降にドラマ公式ツイッターでツイートされる『合言葉』をLINE宛に入力すると、抽選で1万人の自宅に、令和初の元旦に合わせて“亜希子さん”からの年賀状が届くというキャンペーンが実施される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事