松本人志、梅宮辰夫さんの訃報に涙ぐむ 『ガキ使』大みそかでの熱演に感謝「僕もそういう先輩になってみたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、15日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。12日に慢性腎不全のため81歳で亡くなった俳優・梅宮辰夫さんを追悼した。

【写真】幼きアンナに寄り添い… 梅宮辰夫さんと家族の思い出写真

 東野幸治が「松本さん本当にさまざまな『ダウンタウンDX』であったりとか、ガキの使いの笑ってはいけない大晦日は、梅宮さん夫妻が…」と話すと、松本は「(妻の)クラウディアさんにも出ていただいて、スタッフのムチャな注文にも応えていただいてね、そうですね、1年くらい前が最後になるのかな、『DX』に来ていただいて。正直僕も『うわーお顔色というかね、見たらわりと厳しい状況なのかなー』と思いながらね、でもやっぱりバラエティーを一生懸命やっていただいて」としみじみ。

 「あ、ちょっとごめんオレ泣きそうなってきた、あかんわ、やめとこ」と率直な思いを打ち明けながら「とにかく、こう思いだすとなんか、悲しくもなるんですけど、でもなんかふっと思い出し笑いもしてしまうところもいっぱいあって、なんか僕もそういう先輩になってみたいな、なりたいなーって、思わしてくれる人ですね」と語った。

 ヒロミが「アンナのことがあっても、逃げないというか、全部こう話してくれるし…」と話すと、松本は「あれがほんとのプライドなんやろね。こんな顔やから出たくないっていうプライドはみんな持っているかもしれないですけど、いやいやそうじゃない、これで出るんだっていう、プライドを持ってらっしゃる方ということがあれですごくわかりました」と天を仰いでいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事