ブレイク俳優ランキング、“今年の顔”横浜流星が年間でも首位に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 様々な映画やドラマ、CMが話題を集めた令和元年。新たな時代の幕開けとなった今年のエンタメシーンで最も輝いていた俳優は誰か。先日の女優部門に続き、ORICON NEWSでは毎年恒例の『2019年 ブレイク俳優ランキング』を発表。その結果、上半期でも1位を獲得した【横浜流星】が、年間でも堂々の1位に。横浜は、『GQ MEN OF THE YEAR 2019』『Yahoo!検索大賞2019』など今年を振り返る様々なアワードを受賞しており、満場一致の首位と言える。

【ランキング表】朝ドラから『はじ恋』『凪のお暇』『今日俺』…オンナ心をくすぐったイケメン俳優10人

■ドラマ、CMで認知度アップ、俳優としてランクアップした1年

 1位は、1月クールのドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)でピンク髪の“ゆりゆり”役でブレイクした【横浜流星】。大活躍の1年を振り返り、今年の漢字を聞かれると「挑」を挙げた横浜。その言葉通りに今年は3本の連ドラ、映画は4本公開、CMも5本とまさに、さまざまなことへ挑んだ年だった

 『はじこい』のゆりゆり役で注目を集めて以降、ドラマ『あなたの番です -反撃編-』(日本テレビ系)で後半のキーマンとなる大学生役、13日に最終回を迎えた『4分間のマリーゴールド』(TBS系)では家族の末っ子役と、多彩な役柄に真正面から向き合う、俳優としての姿を見せた。映画では『愛唄 -約束のナクヒト-』『チア男子!!』『いなくなれ、群青』の主演3作のほか、『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(・はハート)にも出演するなど、テレビで見ない日はないと言っても過言ではない。

 映画やドラマ出演の番宣でバラエティ出演の機会も多く、中学3年生の時に世界大会で優勝した極真空手の腕前も披露する場面も。ユーザーコメントにも「空手がやばい」(東京都/30代・男性)との声もあり、ルックスのよさだけでなく、近年いなかった肉体派の若手俳優のイメージと何かにストイックに打ち込む姿が、同性からの人気も集めた。その鍛え上げた体を惜しみなく見せた写真集『流麗』(KADOKAWA)もヒットし、ファンの拡大につながった。

 そんな彼に「今年一気に有名になった」(埼玉県/10代・男性)、「急に出てきて、今や見ない日はないし、マスコミやネットでの取り上げられ方がすごい」(神奈川県/50代・女性)と老若男女が支持。「Yahoo!検索大賞2019」で大賞と俳優部門賞をダブル受賞、「2019年TV-CM年急上昇ランキング」で1位獲得と、まさに旬の顔に。受賞時には「来年1月に主演ドラマが控えている。それを責任もってたくさんの方に面白いものを届けられるように目の前のことをしっかりやりたい」と熱弁。

 その言葉通り、1月12日からスタートのドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系)では、女優・清野菜名とW主演が決定。メンタリスト役を演じる横浜が、また新たな一面を見せてくれそうだ。7月には宮本武蔵役を演じる舞台『巌流島』、秋には映画『きみの瞳が問いかけている』も控え、来年もさらに多忙な1年となりそうだ。

■上半期4位からTOP3入り、『今日俺』きっかけで脇役から主役を張る人気俳優に

 2位はドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』(日本テレビ系)での活躍も記憶に新しい【賀来賢人】。6年ぶりにドラマ主演を務めた、昨年10月期のドラマ『今日から俺は!!』(同局系)を機に一気に認知度が上がった。なかでも、松坂桃李、菅田将暉ら人気俳優が出演する花王『アタックZERO』のCMにも起用。露出が増え、その顔と名前がお茶に定着した。

 若い頃には半年仕事がなく水道水で空腹をごまかしたこともあったという賀来。コメディからシリアスまでどんな役柄にも果敢に挑んでいった結果、“コメディ俳優”としての才能が開花。これまでの実力が評価され、ブレイクにつながった。

 妻は、女優の榮倉奈々であり、バラエティ番組等でもパパの面を話すこともある。「Eテレに出たい」と『しゃべくり007』(日本テレビ系)で話していたところ、来年は念願の映画『おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』で“謎の仮面”として出演することが発表されている。

 そんな賀来に「シリアスな役もコミカルな役もどっちもハマっていた」(愛知県/20代・男性)、「演技の幅が広い」(山梨県/50代・男性)、「コメディもシリアスもどっちもいける実力派だから」(長野県/30代・女性)と演技力を絶賛する声が多数で50代からの支持では1位だった。

 2020年は『おかあさんといっしょ』のほか、『AI崩壊』(1月31日公開)、『ヲタクに恋は難しい』(2月7日公開)、『今日から俺は!!劇場版』(7月17日公開)と4本の映画が控えている。

■朝ドラから大河主役獲得の躍進、国宝級イケメンが国民的俳優に

 3位は【吉沢亮】。NHK連続テレビ小説『なつぞら』の天陽くんで全国区に知られる俳優に。映画『キングダム』も大ヒットし、2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』で渋沢栄一役で主演を務めることも話題になっている。

 吉沢は「最も顔が美しいと思う若手男性俳優ランキング」(マイナビウーマン調べ)10代~20代部門で1位、さらに『ViVi』の「国宝級イケメンランキング」で殿堂入りと、自他ともに認める外見の良さが先立っていたが、今年はそこに俳優としての躍進ぶりが重なり、ブレイク感をより強めた印象がある。

 そんな彼に「なつぞらが良かったから」(熊本県/40代・女性)、「飛躍という点では、飛びぬけた感があります。大河ドラマの主役に抜擢はすごい」(神奈川県/50代・女性)と『なつぞら』と大河主演のインパクトが語り草に。男性からも「端正なルックスばかりが話題になっているが、演技力も卓越したものがあり、華もある。先が楽しみな俳優」(神奈川県/30代・男性)との声もあった。

 今後も1月3日放送のドラマ『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』(TBS系)、3月20日公開の映画『一度死んでみた』、初夏公開『さくら』と、出演作の情報も続々と届いている。2年後の大河まで、その人気と話題は尽きなさそうだ。

■演者として評価、今年新人賞を受賞した俳優が多数ランクイン

 4位にランクインした【中村倫也】は、すでにブレイク感もあるが、“今年活躍した”という点では旬の俳優といえる。今年は、2月に「2019年 エランドール賞」新人賞受賞、オーディションにより実写版『アラジン』(6月公開)の主人公・アラジンの吹き替えと歌唱を担当。ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)の山下一真役、『凪のお暇』(同局系)の安良城ゴン役でも存在感を発揮した。20代から2位に選ばれ、「はじ恋、アラジン、凪のお暇、全て別人かのような素晴らしい演技だった。ようやく中村さんの凄さに世間が気付いた年だと思う」(広島県/20代・女性)との声があった。

 5位の【中川大志】は映画『坂道のアポロン』と映画『覚悟はいいかそこの女子。』での演技により第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合)ではヒロインの夫となるアニメ演出家・坂場一久、ドラマ『G線上のあなたと私』(TBS系)の加瀬理人と、それぞれの役柄に対する印象が残っているユーザーも多かった。「中川君大出世という感じ。色々見てきたけど、今年はすばらしい演技で成長されたと思います」(京都府/50代・女性)とエールが送られた。

 9位は【伊藤健太郎】。ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)の伊藤役で注目を集め、その後話題作に続々と出演。映画『コーヒーが冷めないうちに』では、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞話題賞俳優部門を受賞した。今年は7本のCMに出演し、『ZIP!』 金曜日レギュラーコーナー「伊藤健太郎のZIP!シネマ」も担当している。1位の横浜主演の舞台『巌流島』(2020年7月上演)では、伊藤も佐々木小次郎として共演する。「『今日から俺は!!』で、一気に全国区になった」(千葉県/50代・女性)と『今日俺』効果が抜群だった。

 TOP10を振り返ってみると、“イケメン”というだけではなく、今年は与えられた役柄をしっかりこなし、演技で視聴者にインパクトを残した俳優がランクインした印象。特に、横浜がストイックに打ち込んだ空手への熱意、賀来の下積み時代の秘話など、人間性も含めて“個性”を発揮し、実力をつけた俳優たちが同性からも評価されている。また、声優や子供向け映画の出演、情報番組のレギュラーなど、新たな一面を見せた俳優のランクインも目立った。

【調査概要】
調査時期:2019年11月15日(金)~11月25日(月)
調査対象:計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事