田中みな実、写真集発売までは不安で眠れない日々「売れなかったら全国行脚して手売りする覚悟」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 田中みな実が「最初で最後」と語る写真集『Sincerely yours...(シンシアリー ユアーズ)』(宝島社)が、発売から3日で累計30万部という驚異の数字を突破。局アナ時代は胸がコンプレックスだったというが、今作では、下着なしで服の上からバストの形がはっきり分かる大胆ショットも盛り込まれている。自身も制作に携わったという同写真集に込めた想いと撮影裏話を本人独占インタビューで聞いた。

【写真】田中みな実、“魅惑のボディ”披露の写真集カットほか独占インタビュー撮り下ろし

■バスト見えているカットは“あまりの大胆さ”に修整も検討するも…

――写真集が大きな反響を呼んでいますが、今の心境はいかがですか?

【田中みな実】予約が始まるまでは、すごく不安でした。制作チームも写真も全てすばらしかったので、これで売れなかったら私のタレント力のなさだなと。カメラマンさんや編集さん、メイクさん、スタイリストさん…撮影に携わってくれたみなさんに申し訳ないなって色々考えていたら、不安で眠れなかったです。

――実際は10月の予約開始早々、予約が殺到したと伺いました。

【田中みな実】本当にほっとしました。でも、いざ発売が近づいてきたら「本当に買ってくれる人がいるのかな?」ってまた不安になって、眠れなくなりました(笑)。

――(笑)。撮影はスペインのバルセロナで行われたんですよね。

【田中みな実】6万枚も写真を撮って下さったんです。その中からカメラマンさんが2000枚に絞ってくれたものを、デザイナーさんに組んでいただいて、そのあと、編集さんとカメラマンさん、私の3人で意見が合致するものを話し合いながら作っていきました。

――具体的にはどういった視点でセレクトを?

【田中みな実】編集さんから見た読者視点、カメラマンさんの作品としての視点、あとは私が個人的に好きな写真を総合して選んでいった感じです。20代前半だったら、もっと自分の意見を押し通す部分もあったと思うんですね。でも、今回はプロフェショナルなスタッフさんそれぞれが思うベストな田中みな実を入れてほしかったから、自分ではあまりピンときていないカットも、すんなり受け入れることができました。

――苦労したカットはありましたか?

【田中みな実】バストの下半分が見えているショットは、不自然にならないようにみんなですごく考えました。信頼する担当編集者さんからの「どうしても撮りたい」というリクエストだったので、私も120%で返したいと思って。手の位置や角度を「見えてる、見えてる」とか言いながら微調整しながら作り上げた1枚です。

――下着なしで、服の上からバストの形がはっきり分かるショットもありますよね。
【田中みな実】最初、編集さんは「修整して形取りますか?」って言ってくれたんです。カメラマンさんにもご意見を伺ってみると、「作品としては残っている方が美しいけど、みな実さんのお気持ちもあるでしょうから」と。それを受けて、そのままにすることに決めました。スタッフとの厚い信頼関係から生まれた1枚です。

■「一切の妥協をしたくない」タイトルの直筆文字はカリグラフィーの先生に習い猛特訓

――みな実さん自身が特にこだわった部分はありますか?

【田中みな実】表紙のタイトルの文字は、カリグラフィーの先生に教えていただいて、自分で書きました。最初に20パターン以上書体を出してもらったんですけど、どれもしっくりこなくて。昔から頑固というか、決めたことはやり通したいタイプだし、この写真集は一切妥協をしたくなかったので、100%納得いくものにしたかったんです。

――タイトルは手書きなんですね!でも、練習時間もそんなになかったのでは?

【田中みな実】そうなんです。カリグラフィーのペンを持つのも初めてでした。先生に6時間ぐらい教えていただいて。そのあと何十時間も自主練をして、書き上げました。結果すごく納得のいく文字になったし、信じて待っていてくれた編集さんには本当に感謝しています。

――色々な思いが詰まった1冊が出来上がった時、どんな思いでしたか?

【田中みな実】撮影も制作も本当に素晴らしいスタッフに囲まれて、どんな仕上がりになるのかが待ちきれず、印刷所までお伺いしました。どんなに素晴らしい写真を撮っていただいても、紙の素材によってはイメージした色味が出ないことがあると聞き、気が気ではなくなって…。

――印刷所まで!なかなかそこまでされるタレントさんいないですよね(笑)。

【田中みな実】印刷所の皆さんに御礼を伝えたかったのもあるんですけど。そしたら想像以上の素晴らしい仕上がりで、感動してしまって。今まで当たり前のように写真集や本を手にしていましたけど、印刷所の皆さんがいなければ本ってできないんだなって改めて実感しました。微妙な色合いも美しく表現してくださった日経印刷の皆さんにも本当に感謝しています。

■「両親が見て恥ずかしいものは作っていない」母からもらった最高の誉め言葉

――巻末のご両親との対談も印象的でした。

【田中みな実】嬉しいです。両親は普段テレビにも出ないし、私もあまりお願いしたことがないんですけど、今回は“露出が多い写真集”っていう情報が独り歩きしている部分もあって。もちろんそう思っていただいてもいいのですが、私は両親が見て恥ずかしいものは作っていないんですよね。だから、胸を張って見てもらいたいなという思いもありました。父に対しては、多少気まずい気持ちもありましたが(笑)。

――ご両親の反応はいかがでしたか?

【田中みな実】2人とも「写真がキレイだね」って言いながら見てくれました。先日もうちに遊びに来ていた母が、写真集をずっと見ていて。「大丈夫?」って聞いたら、「この写真集はあなたにとっても一生の宝物だけど、私たち両親にとっても宝物。こんな親孝行ないわよ」と言ってくれて、すごく嬉しかったです。

――みな実さんやスタッフさんの想いが、きちんと届いているのだと思います。

【田中みな実】今回は私だけの作品と言うよりも、関わった全員が全員を想い合っている写真集で。愛情がいっぱい込もっているし、私も生涯1冊だと思って手塩にかけて作った写真集だから、1人でも多くの方に見ていただけたら嬉しいです。とは言え、いまだに本当に買って頂けるのか不安!もし売れなかったら、全国行脚して手売りする覚悟です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事