『女子無駄』浅川梨奈、畑芽育ら出演者を追加発表 衝撃のポスタービジュアル公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タレント・女優の岡田結実が主演する、1月期のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『女子高生の無駄づかい』(24日スタート、毎週金曜 後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)のキャストや、斬新かつ挑戦的なポスタービジュアルが公開された。

【写真】ようやくポスタービジュアルが完成

 刹那的なきらめきにあふれた“青春”を無駄に浪費する女子高生=JKたちのハナクソレベルの日常を描く、ビーノ氏の同名漫画(角川コミックス・エース)を実写化。さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う、個性派ぞろいのJKたちの日常をゆるく、シュールに、そしてリアルに再現していく。

 “超挑戦的コメディー”を謳う本作のポスタービジュアルは、主人公である“清々しいほどの”「バカ」を演じる岡田を中心に、「ヲタ」役の恒松祐里、「ロボ」役の中村ゆりか、「ワセダ」役の町田啓太らが、それぞれのキャラクターらしいスタイルでそのあだ名とともにデザインされている。

 ドラマを彩る共演陣も一挙解禁。岡田をはじめとする“女子高生役”として浅川梨奈と畑芽育の出演が決定。浅川が演じるのは、とても真面目な性格でどんなことも真に受けてしまう「マジメ」こと一奏(にのまえ・かなで)。ここぞというときに体調を崩してしまうような絶妙な運の悪さを持つ「マジメ」を、2019年映画・ドラマ出演本数ランキング1位を獲得し、映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』での好演も記憶に新しい浅川がコミカルに演じる。

 畑が演じるのは、原作コミックでも大人気キャラクターである、見た目が幼いことを気にしている「ロリ」こと百井咲久(ももい・さく)。周囲になめられないよう虚勢を張っているけれど、根はいい子、という「ロリ」を現役高校生でもある畑がリアルに演じる。子役から活躍し、今回の役どころもオーディションで射止めた畑の確かな演技力に期待が高まる。

 ほかにも、全身に絆創膏や包帯を巻いた重度の中二病で、「ヤマイ」と呼ばれる山本美波役に福地桃子。人見知りで周りとコミュニケーションをとるのが苦手な「マジョ」こと久条翡翠(くじょう・ひすい)役に井本彩花。

 さいのたま女子高等学校の近くの交番に勤務する警察官役に横山涼、さいのたま女子高等学校の養護教員・シーキョン役に内藤理沙、そしてさいのたま女子高等学校の教頭役に、劇団『ナイロン100℃』で活躍し、『緊急取調室』『僕とシッポと神楽坂』など数々のドラマ・映画に出演しインパクトを残してきた大倉孝二が決定。キャラの強いキャスト陣がドラマをますます盛り上げる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事