A.B.C-Z河合郁人、差し入れ気づかれず苦笑「マジか」 原因はブラザートムが全部“お持ち帰り”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループA.B.C-Zの河合郁人が17日、東京・よみうり大手町ホールで行われたミュージカル『天国の本屋』公開ゲネプロに登場。けいこは12月から始まり「クリスマスプレゼントでカステラを差し入れしたの知っている?」と共演者の乃木坂46の井上小百合に聞いたが、キョトンとした反応で苦笑いしていた。

【全身ショット】白のレースワンピ姿の乃木坂46・井上小百合も登場!

 ともに登場したタレントのブラザートムは「(差し入れしたとか)言わないんだよ、そういうこと!」とツッコんだが、「めっちゃ、高いんですよ! 一個一個が箱に入っているやつ!」と興奮する河合の姿を見て「バカ! 言わないんだよ、そういうことを! うるさいよ!」と喝を入れていた。

 値段を聞かれた河合は「いくらだろ? まとめて買ったらめちゃくちゃ高くて。『うわ~、高け…』と。え、食べた?」と井上に再度確認すると「食べてないです」と返答が。記者から「あったのも知らなかったですか?」と質問が飛ぶと「今、初めて知りました!」と話し、河合は「マジかっ!」と驚きと同時に少し寂しそうな表情を見せていた。

 「ごめんなさい…」と謝る井上の姿に河合は「え、誰も食べていないんじゃないかな? トムさん食べました?」と聞くと、「家に持って帰ったよ、全部」と明かされ「全部!? それだ、原因それだ!」と“犯人”が判明し笑っていた。

 同作は、100万部超えのベストセラーとなった小説『天国の本屋』が原作。就職活動中の主人公で大学生・さとし(河合)は、ヤマキ(ブラザートム)というおかしな男に“天国の本屋店長代理”にスカウトされ、一時的に天国に連れて来られてしまった。そこで不思議な魅力のある少女・ユイ(井上)と出会うストーリー。

 東京公演がよみうり大手町ホールできょう17日から25日まで、大阪公演がサンケイホールブリーゼで31日から2月2日まで行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事