存在感あるアイドル発表、CROWN POP・三田美吹が涙で喜ぶ スタプラ所属8グループの中から
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニッポン放送『ミューコミプラス』とスターダストプロモーションのアイドルセクション『スターダストプラネット』が完全コラボレーションした番組イベント『「ミューコミプラス」presentsスタプラアイドルフェスティバル~今宵、シンデレラが決まる~』が19日、神奈川・横浜アリーナで開催された。ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学らが出演し、ライブパフォーマンスなどで会場を盛り上げるとともに、若手グループの中で“アイドルとしてずば抜けた存在感のある”シンデレラの1人としてCROWN POPの三田美吹(19)が来場者1万人の直接投票により選ばれた。

【写真】CROWN POP・三田美吹やももいろクローバーZのライブの模様

 スターダストプラネット所属アイドル12グループが集結した同イベントは、大きく分けて2つの企画で構成。2014年以降結成の若手8グループ(ばってん少女隊、ときめき◆宣伝部、はちみつロケット、アメフラっシ、いぎなり東北産、桜エビ~ず、CROWN POP、B.O.L.T)の中から、“アイドルとしてずば抜けた存在感のある”たった1人が、来場者の直接投票によって決まる「シンデレラ決定戦」。そして、先輩4グループ(ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学、TEAM SHACHI、たこやきレインボー)は、事前に『ミューコミプラス』で募集した“夢のセットリスト”によるライブパフォーマンスを届けるというもの。(◆=ハート)

 開場から開演の3時間の間、若手8グループによるミニライブが行われ、フレッシュな歌声とパフォーマンスを披露し会場を温める。そして、開演すると各々の持ち曲などを、先輩4グループともに歌うなどコラボレーションし盛り上げた。オープニングトークでは、自分の“アイドル”性をアピールするために、1人10秒の自己紹介が設けられ若手8グループは必死に来場者に呼びかけた。

 その後はたこやきレインボー、TEAM SHACHIのライブパフォーマンス。若手8グループの最後のアピールが終わると、来場者は投票用紙に記入してスタッフはすぐに回収していた。

 投票集計中は私立恵比寿中学、ももいろクローバーZによるライブパフォーマンス。ももいろクローバーZが「Z伝説 ~ファンファーレは止まらない~」「ロードショー」を続けて披露したあと、ついに“シンデレラ”が発表。CROWN POPの三田美吹がステージ上に現れると盛大な拍手が送られ、本人が一番好きな曲「手のひらに青空」を歌い上げた。

 CROWN POPは、ダンスが得意なメンバーで結成された次世代ダンスアイドルユニット。バラバラのジャンルのダンス経験者が集まったグループで三田はクラシックバレエを得意としている。シンデレラに選ばれた今の心境を聞かれると「ありがとうございます…」と声を震わせながら「本当に呼ばれた時はびっくりして…。リハの時から(メンバー)みんな頑張っていて、(自分だけが選ばれて)申し訳ない気持ちもありましたが、選んでいただいたのでこれからもまっすぐ前を向いていきたいと思います」と涙を流しながらも喜んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事