【麒麟がくる】本木雅弘&徳重聡、地元ファンの笑顔に安堵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKの大河ドラマ(第59作)『麒麟(きりん)がくる』の初回が放送された19日、主人公・明智光秀ゆかりの岐阜県岐阜市と可児市でそれぞれパブリックビューイングが行われた。岐阜市の会場には斎藤道三役の本木雅弘、可児市の会場には明智家の家臣・藤田伝吾役の徳重聡が事前の案内どおり登壇。さらに、可児市の会場に本木がサプライズで現れ、来場者を喜ばせた。

【麒麟がくる】キャストビジュアルまとめ

 イベント前には、それぞれ道三や明智家ゆかりの観光スポットをめぐった二人。本木は「このドラマは予定不調和なことが起こってのスタートでしたが、本日初回を迎えたということで、制作スタッフ・役者陣以上に、この大河ドラマで町を盛り上げていこうと、待っていてくださった地元の皆さまにも、ようやくお届けできたという安堵感がありました。それを岐阜市でも可児市でも皆さんの弾けるような笑顔から感じることができて、とても有り難く思いました。皆さんの思いを背負いながら、最後の撮影まで駆け抜けようと思います」と語り、地元の熱をしっかりと受け取った様子。

 「物語は始まったばかりで、『麒麟がくる』というタイトルなのに、主役の光秀(長谷川博己)は『麒麟は来ない』と言い切っていたところに反して、番組のホームページやツイッター上では『やっときた-!』と皆さん盛り上がっているのが非常に面白いですね。ぜひこの番組にも、世の中にも、皆さんそれぞれのもとに希望の象徴である麒麟がやってきますことを切に願います。目まぐるしい戦国のリズムを感じていただきつつ、物語を見守っていただければと思います」と、すべての視聴者にメッセージを送っていた。

 一方、徳重は「藤田伝吾も生まれ育ったであろう明智荘、現・可児市に来たのは自分は初めてだったので、こうして来て、いろいろなものを見て、最終的には可児市の皆さんと触れ合うことができて非常に良かったと思っています。(来場者の)背中が本当に真剣に見ていたのがわかったし、ときどき画面のキラッという輝きがお客さんの顔に当たるんですけどキラキラして素敵でした」と、コメント。

 今後に向けて「激動の時代が動き出しました。楽しみです。今ちょうど、ちょっと明智荘が沈んでいるところを撮っているんですけど、ここから明智十兵衛がこのまま終わるわけはない(歴史の詳しい方はご存じなわけですけど)、ここから立ち直っていく光秀がどう描かれるのか、そこに寄り添っていられるのが楽しみです」と意気込みを語っていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事