ヒゲダン、3作連続で映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌担当 長澤まさみ「すごくすてきな曲」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4人組バンド・Official髭男dism(通称ヒゲダン)が、長澤まさみが主演を務める映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(5月1日公開)の主題歌を担当することが、発表された。ヒゲダンは、同シリーズのドラマ版、昨年公開された劇場版の主題歌も書き下ろしており、今回で3度目のタッグとなる。

【動画】真っ赤なドレス姿のダー子も!『コンフィデンスマンJP』特報映像

 人気脚本家・古沢良太氏が手がけた同作は、2018年4月期に月9ドラマとして放送されると、昨年5月17日には映画版が公開。観客動員数200万人以上、興行収入は29.4億円のヒットを記録した。ドラマ版の主題歌「ノーダウト」に続き、映画版の「Pretender」は「オリコン年間ストリーミングランキング2019」で1位を獲得したほか、初出場を果たした紅白歌合戦でも披露された。

 今作のために、ヒゲダンが制作した楽曲のタイトルは「Laughter」。ボーカル&ピアノの藤原聡は「映画の世界観と結びつけながら“自分たちらしく生きていくこと”“自分にとって大切なモノと一緒に人生を歩むこと”の素晴らしさについて歌った曲になります」と紹介。「どんな曲になっているのかは映画の詳細と一緒に楽しみに待っていてもらえたらうれしいなと思っています」とファンにメッセージ。

 いち早く楽曲を試聴した長澤は「しっとりしている曲調ですごくすてきな曲でした。藤原さんの高音ボイスがのびやかで、映画を見終わった後、物語をかみしめたくなるような気持ちになると思います。今回の歌詞には難解なところがあり、深い意味がありそうです…。映画の内容を歌ってくださっているのかなと感じました」と3回目のタッグを喜んでいる。

 昨年公開された『ロマンス編』に続き、『プリンセス編』の今作の舞台はマレーシア「ランカウイ島」。今回、ダー子(長澤)たちがしかける“オサカナ”は、世界有数の大富豪一族・フウ家。当主のレイモンド・フウが亡くなり、その残された遺産10兆円を狙い、コンゲームが行われる。さらに、今作から白濱亜嵐、関水渚、古川雄大、柴田恭兵、北大路欣也ら新規キャストも登場する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事