有村架純、ジュエリー賞で“童顔”を自虐「30歳まであと3年」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の有村架純(26)が、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第31回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の20代部門に選出され21日、都内で行われた表彰式に出席した。

【動画】赤と黒のドレスで登場…大胆デコルテ見せの有村架純

 有村は「普段は撮影の現場でお仕事、華やかな場所に来ることがとても緊張するんですけど、このような場に呼んでいただき感謝しております」とにっこり。「幼く見られがちなので、ジュエリーというものがとてもハードルが高く感じられるのですが、もう27歳になる。30歳まであと3年なので」と自虐気味に語った。

 続けて「しっかりとジュエリーに似合う女性になれるようにならないといけないと焦りを感じました。いい大人になれるように、自分磨きをして、きょういただいたジュエリーが着けられるようになりたいと思います」と呼びかけていた。

 そのほか、10代部門はKoki,(16)、30代部門は木村文乃(32)、40代部門は藤原紀香(48)、50代部門は松下由樹(51)、60代以上部門は原田美枝子(61)、男性部門は田中圭(35)、特別賞の女性部門は浅田真央(29)、特別賞の男性部門は高橋英樹(75)が受賞した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事