SixTONES高地優吾、Snow Man阿部亮平の博識コメントに焦り「こっち使われる!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 きょう22日にジャニーズ史上初となる同時CDデビューを果たした人気グループ・SixTONES(高地優吾、京本大我、田中樹、松村北斗、ジェシー、森本慎太郎)、Snow Man(岩本照、深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介、向井康二、目黒蓮)が都内で行われたサービス・ソリューション展示イベント『DOCOMO Open House 2020』内『5Gによる新たな体験の提供』発表会見に登壇した。

【写真】記念すべきデビュー日!”漢字一文字”で意気込みを表現したSnow Man

 音楽ライブなどの生配信をスマートフォン・PCから視聴できるサービス『新体感ライブ CONNECT』のイメージキャラクターを務める2組だが、『5G/8KVRライブに期待すること』という質問にフリップで回答。高地は「大自然をリアルに感じたい」といい、「プライベートでキャンプに行きたい欲があるんですけど…家や仕事現場のちょっとした時間でマイナスイオンを映像で味わえるのかな?」と想像をふくらませた。

 一方、気象予報士の資格を持つなど博識キャラの阿部は「きょうのために“5G”のことを勉強してきた」と準備万端で、「5Gの3要素のうち、僕は“多接続”に夢があると思いました。『8KVRライブ』では家にいながら臨場感ある僕らのライブを少しでも多くの人に味わってもらえたらこんなにうれしいことはない。未来のライブの形だなと思いました」と完璧なコメント。高地は「絶対、こっち使われる!」と焦り、向井から「大自然も興味あるよ!」とフォローを入れられていた。

 また、『最近あった新体感なこと』について森本は、同キャンペーンで制作されるARフィギュアのため、用意されたカメラの台数に驚いたそうで「30台くらいありました。そんな台数に囲まれたことがなかったのでちょっと緊張しました~。本当“新体感”でしたね」と興奮。続けて「自分の後頭部はみたことなかったので毛がいっぱい生えてるな、と思って安心しました」と胸を張る場面も。

 宮舘は外食中、たまたま自らのデビュー曲について隣の席で会話している声が聞こえてきたことを報告。「『最高でテンションがあがって元気がでるの』って声を生で聞くことができた。これぞCDデビューをすることなのかな」としみじみ。そこで高地が「ちなみにちょっとでもSixTONESの話は出ませんでした?」と尋ねるも「出ておりませんでした!」とバッサリ。笑いを誘っていた。

 会見では『新体感ライブ CONNECT』と2組のコラボレーションによるスペシャルイベント第2弾の決定が発表。3月18日に都内で行われるリアルイベントを『8KVR』にて生配信。高臨場のライブビューイングイベントも3月18日から20日にかけて開催される。2組が出演するドコモ『新体感ライブ CONNECT』新テレビCMは23日より放送。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事