三倉茉奈、がん患者の家族を熱演「他人事ごとではない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の三倉茉奈が23日放送のフジテレビ系連続ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(毎週木曜 後10:00)第3話に出演が決定。今作で同枠初登場となる三倉が演じるのは、がん患者の母を持つ女性・田所歩美。三倉は「出演の機会をいただき光栄です。ありがとうございます。今や2人に1人ががんになる時代。他人事ごとではないと感じていました」と感想を明かした。

【写真】『アライブ』で14年ぶりの共演を果たす松下奈緒&木村佳乃

 日本初の腫瘍内科を舞台とした同ドラマは腫瘍内科医・恩田心(松下奈緒)らがん診療に命を懸ける医師たちと患者が共に闘う姿を通して人が生きる意味、明日へ進む勇気を贈るメディカルヒューマンストーリーを描く。

 第3話に登場する歩美の母、木内陽子(朝加真由美)は複数のがんを併発し抗がん剤治療を受けていたが、何度も危険な状況に陥っているため、体への負担を考慮した心は陽子に緩和治療を打診する。緩和治療への切り替えは死を宣告されるように感じる患者も少なくないなか、陽子はすぐに承諾して「ホスピスで過ごしたい」と望む。できるだけ家族に迷惑をかけたくないためだ。

 しかし、陽子の意志とは裏腹に「死ぬのを待てっていうんですか!」と抗がん剤治療の継続を迫る歩美。さらに、父・修造(遠山俊也)が「在宅医療をする」と言いだし、歩美は「まったく家事をやってこなかったお父さんに何ができるの?」と猛反発する。治療方針を巡り、家族がバラバラになってしまう。しかし、心も思いがけない事態が待ち受けており…。がん患者を持つ家族は“第二の患者”ともいわれ、家族にも過酷な現実が立ちはだかる。治療続行か、緩和治療か。選択を迫られるなか、最愛の母の残された時間を受け入れられず葛藤することとなる。

 撮影を終え、「母の治療方針を巡って家族と口論する時間は、とても苦しかったです。私の演じた歩美も、父も、姉も、母を大切に思う気持ちはみんな同じはずなのに、どうすべきかなんて簡単には決められず… 担当医である心先生への不信感も募って。モヤモヤして悔しい気持ちでいっぱいでした」と役柄に没入。

 「病との向き合い方に正解なんてないんだと、改めて感じました。その人らしい選択をしてもらいたい。この家族がどんな選択をするのか、是非、見守って下さい」と語る三倉の熱演に注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事