【スカーレット】第16週「熱くなる瞬間」振り返り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKで放送中の連続テレビ小説『スカーレット』(月~土 前8:00 総合ほか)。第16週「熱くなる瞬間」(第91回~第96回:1月20日~25日)を振り返る。

【写真】百合子にプロポーズする信作

 八郎(松下洸平)が個展の下見のために東京に行っている間、作陶に精を出す喜美子(戸田恵梨香)。そんな中、"1年に一度の恒例行事"照子(大島優子)の離婚騒動で、喜美子の家に集まった照子と信作(林遣都)。三人はぶどう酒を飲みながら夜通し昔話に花を咲かせ、信作はついに結婚を決めたという。童心に戻ったような時間の中で、喜美子は大阪に行く前に拾った、信楽焼のカケラのことを思い出し、二人に見せる。

 東京から戻ってきた八郎は、意外にもジョージ富士川(西川貴教)と一緒だった。ジョージは以前、かわはら工房で見た喜美子のカケラをもう一度見たいと言い、再び工房に足を運ぶ。カケラの色合いを出すには、釉薬をかけずに、薪の炎で焼かねばならないと知る喜美子。八郎にいつかやってみたいと語る。そんな折、工房の電気窯が壊れてしまう。

 八郎は、工房に薪で焼く新しい窯(穴窯)を置こうと提案。調べているうちに、喜美子は子どもの頃、陶芸との出会いのきっかけとなった、慶乃川(村上ショージ)の名にたどりつく。さらに、一回焼くのに何十万円もの薪代がかかるとわかった喜美子はあきらめようとするが、八郎や母マツ(富田靖子)、息子の武志(中須翔真)が喜美子の背中を押す。直子(桜庭ななみ)の猛反対の騒動も乗り越え、川原家の庭に穴窯が完成。火入れし、ついに作品を焼くところまでこぎつける。一方、八郎と三津(黒島結菜)の距離は近づいていて…。

 喜美子や照子に、ついに結婚を決めたことを明かした信作。改めて、百合子(福田麻由子)に「結婚してください」とプロポーズする。八郎の個展も一段落し、ついに百合子との結婚あいさつに向かおうとした信作に悲劇が…。今週もあいさつができない信作だった(知らないのはもはや喜美子だけ?)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事