中村倫也主演『水曜日が消えた』追加キャスト発表 「こいつはただ者じゃない」と絶賛の声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優の中村倫也が一人7役に挑戦する映画『水曜日が消えた』が5月15日に公開されることが決定。さらに、石橋菜津美、深川麻衣、きたろう、中島歩、休日課長の出演が発表になった。

 同作は、一人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている7人の“僕”が主人公。ほかの“曜日”とは、直接会うことはできず、日記を通してのみ間接的に互いを知っている。そのうちの最も地味でつまらない一人、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語。メガホンを取ったのは次の時代を担う気鋭の映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人2019」に選ばれるなど注目を集める吉野耕平監督。

【動画】中村倫也が一人7役に挑戦!キャラクターが明らかに

 今回発表されたキャストは、石橋が“7人の僕”を知る元同級生、深川が物語のカギを握る図書館司書、医師役できたろう、新任医師役を中島、“月曜日”の友人役を休日課長が担当する。

 石橋は中村について「服装も言葉遣いも立ち振る舞いもみんな違って、それぞれに『はじめまして』と言いたくなるくらい個性があって、こんなに説得力のある曜日たちを演じる事ができるのは本当すごいことだと思いました」と絶賛。きたろうも「倫也くんの微妙な間に、こいつはただ者じゃないと感心しました。表現することへのひたむきさ、これが役者です。僕もそうですけど」とコメントを寄せた。

 本作が映画初出演の休日課長は「違う人生を味わえたような感覚で、貴重な経験をさせていただきました。とにかく早く、映画館で見たいです」とスクリーンに映し出される姿を待ちわびている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事