スマホが本格的なポケモン図鑑に 新サービス『ポケモン HOME』詳細発表で2月開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大人気ゲーム『ポケットモンスター』の新クラウドサービス『ポケモンHOME』の新情報が28日、発表された。Nintendo Switchとスマートフォンを対象とし、2月よりサービスがスタート。過去の『ポケットモンスター』シリーズや『ポケモン GO』(今後連携予定)で仲間にしたポケモンたちを預けて、最新作『ポケットモンスターソード・シールド』略称:剣盾 Nintendo Switch)に連れていくことが可能となるほか、『ポケモン HOME』内で世界中の人と交換することもできる。

【画像】全国図鑑が手元に!スマホ版のポケモンHOME

 昨年5月に行われたポケモン社の事業戦略発表会で明かされた同サービスは、「すべてのポケモンが集まる場所」がコンセプト。3DSのポケモンシリーズのソフトや昨年Switchで発売されたポケモン剣盾や『ポケットモンスター Let's Go!ピカチュウ/イーブイ』(ピカブイ)、スマートフォン向けアプリゲーム『ポケモン GO』、ポケモンバンクが対象となる。なお、ポケモン剣盾との間では、Switch版のみで、ポケモンをそれぞれのポケモンボックスに預けたり、引き出したりすることができる。

 ポケモン交換機能は、スマートフォン版には「ミラクルボックス」「GTS」「グループ交換」「フレンド交換」4つのポケモン交換の機能があり、いつでもどこでも、世界中の人とポケモン交換を楽しむことができる。

 『ポケモン HOME』のポケモンボックスにポケモンを預けることで「全国図鑑」にポケモンが登録される。「メガシンカ」や「キョダイマックス」のできるポケモンを預けると、それぞれのすがたが「全国図鑑」に登録されるほか、登録されたポケモンの情報は、Nintendo Switch版とスマートフォン版ともに確認することができる。なお、スマートフォン版では、これまでのシリーズの図鑑説明文に加えて、ポケモンのわざやとくせいも確認することができ、これにより、自身のスマートフォンが本格的な“ポケモン図鑑”となる。

 そのほか、「バトルデータ」機能では、スマートフォン版ではポケモン剣盾の「ランクマッチ」やインターネット大会における、トレーナーやバトルに使用されているポケモンのランキングを確認でき、ポケモンのランキングでは、わざ、とくせい、もちもの等に関する情報も知ることができる。※バトルデータの機能は、『Pokemon HOME』のサービス開始以降に実装の予定。

 『ポケモン HOME』はフリープラン(無料)でポケモンを30匹預けることができるが、プレミアムプラン(有料)に加入すると6000匹まで預けることが可能。1ヶ月370円、3ヶ月610円、12ヶ月1960円。

(C)2020 Pokemon. (C)1995 2020 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事