つるの剛士、44歳で短大生に「これだから人生はオモシロイんぞ!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タレントのつるの剛士(44)が29日、自身のインスタグラムを更新。短大入学のため、母校へ行ったことを明かした。

【写真】「これだから人生はオモシロイんぞ!」久々に母校へ行ったつるの剛士

 つるのは以前より「#保育士免許取得への道」と保育士になるために勉強していること、「周りに素晴らしいスキルと理念を持ったプロフェッショナルな方々がいます。そんな方々と一緒に未来を担う子供たちの今に携われる園を立ち上げたい夢が前々からあり、伴い自分もこの際資格を取得しようと奮起」など、“保育”に関する夢について語っていた。

 今月17日には「今まで自分が培ってきた全てが点になりようやく線で繋がり使命感に大変身。つるの剛士44歳、4月から通信制短大生になる予定です。夢に向かって卒業まで頑張ります」と宣言。

 この日の投稿では「希望短大の入学願書に添付する高校卒業証明書を発行してもらいに母校に来た」と報告し、「こんな用事で母校を訪れるとは27年前の僕は全く想像してなかった。笑 これだから人生はオモシロイんぞ!」と、保育士資格を取得するため前に進んでいることをつづっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事