衛藤美彩、角川春樹監督“生涯最後”の作品で遊女役
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の松本穂香が主演を務める映画『みをつくし料理帖』(今秋公開)に、元乃木坂46の衛藤美彩が遊女役で出演することが発表された。

【別カット】奈緒を支える遊女を演じる衛藤美彩

 原作は、高田郁氏による同名の時代小説。これまでに全10巻が刊行されており、累計400万部を超えるベストセラー作品で、12年と14年には北川景子主演でスペシャルドラマ化。17年には黒木華主演で連続ドラマ化されている。『犬神家の一族』(1976年)を皮切りに『セーラー服と機関銃』(81年)、『時をかける少女』(83年)など数々のヒット作を送り出した角川春樹監督が“生涯最後”と銘打ちメガホンをとる。

 仲の良い幼なじみの澪(松本)と野江(奈緒)だったが、住んでいた大坂を大洪水が襲う。両親を亡くし、野江とも離れ離れになった澪は、江戸・神田にあるそば処「つる家」で料理人として働くことに。ある日、店に強面の男・又次(中村獅童)が訪れ、花魁・あさひ太夫のために看板料理を作ることになると、運命の歯車が動き出す。野江と再会を果たすことができるのか、料理に真摯に向き合い、運命を切り開く女料理人の成長と友情が描かれる。

 澪と生き別れになった野江は、遊郭に身を置き、吉原で頂点を極めるあさひ太夫として生きていた。衛藤が演じる菊乃は、あさひ太夫のいる翁屋の遊女で、ときにあさひ太夫を助ける役どころ。さらに、物語の後半の重要なシーンにも登場することが明かされた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事