清水くるみ、胃がん患者役を挑戦「少しでも前向きな気持ちになっていただけたら」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の清水くるみが、13日に放送されるフジテレビ系木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』の第6話にゲスト出演することが、わかった。清水の同枠、及び同局ゴールデンプライム帯連ドラへの出演は初。清水は27歳にしてステージ3の胃がんが見つかる土方絵麻(ひじかた・えま)役に挑戦する。

【写真】“きよ様”清原翔の誕生日ケーキ

 日本初の腫瘍内科を舞台とした同ドラマは、腫瘍内科医・恩田心(松下奈緒)らがん診療に命を懸ける医師たちと患者が共に闘う姿を通して、人が生きる意味、明日へ進む勇気を贈るメディカルヒューマンストーリーを描く。清水はひとり娘として大切に育てられ両親の期待に応えてきたが自分の病気で両親を悲しませたくないという思いが強いあまり、がんを患っていながらも親の希望を受け入れようと懸命な絵麻を体当たりで演じる。

 「『アライブ』は家族で注目して見ていました。がんの闘病を経験した人が身近にいたので、人ごとではなかったんです。今回は自分自身が胃がんの設定ですが、両親の気持ちも共感できます」と出演のオファーを喜ぶ清水。

 今回の役柄については「土方家のように、当の本人は“頑張らなきゃ!”と思っている中、周囲の人間のほうが落ち込んでしまうケースは多いのではないかと思います。以前、ポジティブな気持ちは体調にも良い効果をもたらすと聞いたことがありますが、そういうことを意識されている患者さんも多いのではないでしょうか。絵麻は両親の動揺する姿を見て周りに“迷惑かけちゃいけない”と感じて、家族の中でいちばんしっかりしています」と分析。

 「自分自身、身近な人が闘病していたとき、実は小林麻央さんのブログを読んですごく元気づけられていました。このドラマもそういう存在なのかなと思います。ごらんいただいて、少しでも前向きな気持ちになっていただけたらうれしいです」とメッセージを寄せている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事