吉沢亮、広瀬すずの祝福VTRに笑顔「ありがとう!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の吉沢亮が、1年を通じて映画・テレビ界で顕著な活躍をしたプロデューサーや、将来有望な新人俳優などを選出して表彰する『2020年エランドール賞』の新人賞に選出され6日、都内で行われた授賞式に出席した。

【動画】広瀬すずの祝福VTR!満面の笑みの吉沢亮

 NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』の山田天陽役で絶大な支持を受けた吉沢は「素晴らしい賞をいただき、とても光栄に思っています。たくさんの方に評価していただいたのは役者として大きな喜びです」と笑顔を浮かべながら「たくさんの方に感謝しつつ、もっともっと皆さんにワクワクを届けられるような役者になりたいなと思っています。これからも精進していきます」と、さらなる飛躍を誓った。

 また、『なつぞら』で共演したヒロイン・なつ役の広瀬すずがVTRコメントを寄せ「エランドール賞、おめでとうございます! 約1年ちょっと現場が一緒だったので、最近会うことがなくなり逆に現場で変な違和感を覚えています。一緒に現場にいて、刺激をいただきました。これからもご一緒できるよう頑張ります」と祝福。思わぬサプライズに吉沢も「すずちゃん、ありがとう! うれしいですね」と顔をほころばせていた。

■『2020年エランドール賞』主な受賞一覧
映画プロデューサー賞:『翔んで埼玉』(若松央樹、古郡真也)
映画プロデューサー奨励賞:『蜜蜂と遠雷』(石黒裕亮)
テレビプロデューサー賞:『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(清水拓哉、家冨未央、大越大士)
テレビプロデューサー奨励賞:『凪のお暇』(中井芳彦)
特別賞:映画『新聞記者』製作チーム
新人賞:神木隆之介、安藤サクラ、横浜流星、清原果耶、吉沢亮、橋本環奈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事