山本舞香、美脚チラリな“ミニスカ”ショット「足細いい!!」「スタイルやば、さすが」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優・山本舞香のスタッフが運営する公式インスタグラムが13日、山本が出演するドラマ『死にたい夜にかぎって』(MBS・TBS系)のオフショットを公開した。

【写真】「足細いい!!」ミニスカートで美脚を披露する山本舞香

 同ドラマの原作は、Webサイト『日刊SPA!』で高いPVを誇る連載エッセイから恋愛エピソードを中心に再構築した爪切男(つめ・きりお)氏による同名小説で、著者のまさかな実体験エピソード。主人公で幼くして母に捨てられた男・小野浩史を俳優の賀来賢人、浩史が人生で一番愛した女性・アスカを山本が演じる。

 この日は「わたしこのアスカ好きなんですよね〜」と、撮影現場での山本のオフショットをアップ。ボーダー柄のカットソーにカーキのミニスカートをあわせたスタイリングで、すらりとした美脚を披露している。ドラマの見どころの1つとして「スタッフさんと山本さんのこだわりのつまったアスカの衣装もお楽しみにっ!」と呼びかけた。

 また、この衣装はフランス映画『LEON』のヒロイン・マチルダをイメージしているようで、ハッシュタグでは「#勝手に実写版シリーズ #日本人版マチルダ #LEON #チョーカーないけど、、、」とつづっている。

 ファンからは「足細いい!!」「スタイルやば、さすが」「アスカの服も着てる舞香ちゃんも可愛すぎる〜〜」といった声のほか「衣装にも注目しながら楽しみます」「舞香ちゃん演じるアスカ、すっごく楽しみです!!」とドラマに期待を寄せる声も見られた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事