【麒麟がくる】谷原章介、三淵藤英役が「合っている。見抜かれていてすごい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に、三淵藤英役で出演する谷原章介からコメントが届いた。

【写真】『麒麟がくる』第5回より。光秀(長谷川博己)と再会

 16日に放送された第5回で、主人公・明智光秀(長谷川博己)は鉄砲の組み分けができる伊平次という男を探しに、再び、京へ向かう。京の本能寺の門前で光秀は、堺で出会った藤英と再会した。

 三淵藤英は、幕臣(将軍奉公衆)として、室町幕府の将軍・足利義輝(向井理)、足利義昭(滝藤賢一)に仕える男。細川藤孝(眞島秀和)の異母兄でもある。

 「武士の棟梁(とうりょう)である将軍を中心に、乱れた世を安寧に導くにはどうすればよいのかを常に考えているキャラクターです。弟の細川藤孝は、とても理想に燃えていて、どんどん突き進む、情にも厚いタイプですが、藤英はどちらかというと現実を見ていて、バランスをとるタイプだと思います。国を安寧に導きたいという思いは光秀や藤孝と同じですが、藤英は彼なりの考えを貫きます。それぞれのアプローチの仕方や考え方の違いにも注目して、ご覧いただけたらうれしいです」と、今後の見どころを提案。

 本作の藤英は、谷原自身に似ているそうだ。「僕個人は、藤孝より藤英に似ている気がしますね。池端(俊策)先生は、藤英の役を僕のイメージで当て書きしてくださっているそうです。このキャラクターにはこの人が合っていると見抜かれていて、すごいなと思いますし、とてもうれしいですね」。

 共演者についてもコメント。「吉田鋼太郎さんとは舞台でもご一緒したことがあり、久しぶりの共演ですが、とても楽しいです。リハーサルでもお互いが影響されあって、その都度お芝居が変化していくので、とてもやりがいがあります。向井理さん演じる足利義輝は、貴族ではないですが、公家のような品の良さがあり、すてきですね。義輝は人が良い故の弱さもありますが、そんな義輝を、男気あふれる熱血漢の藤孝と、冷静に政治的な動きもできる藤英が支えることで関係性が成り立っていくんだと思います。義輝・藤英・藤孝の3人でこれから進んでいくのかと思うと、とても楽しみです」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事