【麒麟がくる】眞島秀和、長谷川博己と共演「とても楽しい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。第5回(2月16日放送)で主人公・明智光秀(長谷川博己)は、鉄砲を分解できる伊平次という職人を探して、再び、京へ向かった。

【写真】光秀と藤孝の出会いのシーン

 京では、かつて鉄砲を求めて、堺を訪れた際に出会った三淵藤英(谷原章介)、松永久秀(吉田鋼太郎)と再会したほか、のちに生涯の盟友となる、光秀と細川藤孝(眞島秀和)との出会いのシーンが描かれた。さらに、「公方様」足利義輝(向井理)から太刀筋をほめられるひと幕も。

 光秀と藤孝が対峙したのは、本能寺の門前。同じ「鹿島の太刀」という流派で、「斬られるかと思った」(藤孝)、「私も危なかった」(光秀)という“真剣勝負”を経て、お互いを認め合った。

 藤孝役の眞島は「光秀との出会いのシーンでは、この瞬間から後々互いの人生に大きな影響を与える関係が始まったのだという思いがあり、緊張感のある撮影でした。光秀役の長谷川博己さんとは同い年ということもあって以前から共演したいと思っていましたので、撮影はとても楽しいです」と、コメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事