『恋つづ』作者が上白石萌音のヒロインに太鼓判「イメージにぴったり」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の上白石萌音が主演するTBS系連続ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(毎週火曜 後10:00)の撮影現場を、原作者の漫画家・円城寺マキ氏が訪問した。円城寺は主人公の佐倉七瀬役の上白石に「七瀬のイメージにぴったり」と太鼓判。出演の佐藤健、毎熊克哉ら出演者たちと記念撮影に応じ、キャスト・スタッフを労った。

【動画】佐藤健の胸キュンコメントも!フォロワー41万人突破した公式インスタ

 同ドラマはある日、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会った主人公・七瀬が5年後、彼を追い看護師となり、憧れの医師・天堂浬(佐藤)と再会。超ドSで周囲から「魔王」と恐れられている天堂に憤慨しつつも困難に食らいついていく“勇者”七瀬によるラブコメディー。

 円城寺は、七瀬、天堂、来生晃一(毎熊)らが働く日浦総合病院・循環器内科のナースステーションでの撮影シーンを見学し、撮影を終えた3人と対面し、『恋つづ』について談笑。上白石は円城寺が差し入れた、原作の七瀬と天堂のイラストが描かれたどら焼きの写真を撮るなど歓迎した。

 七瀬との関係が変わる可能性は0.0001%もないと宣言していた天堂だったが、ついに七瀬と付き合うことに。そして第5話では、天堂の「俺の彼女」宣言が飛び出したことで、七瀬と天堂、そして来生の恋が動き出し、物語はますますヒートアップ。しかし、第6話では、そんな2人の前に、亡くなった天堂の恋人・みのりに瓜二つの姉・みおり(蓮佛美沙子)が現れ…。

■原作者・円城寺マキ コメント

ご厚意により、撮影現場にお邪魔してきました。外はかなり寒かったのですが、現場は主演の上白石さんがお持ちの雰囲気そのままにほんわかと温かいところでした(…しかし、ぎっしり詰まった撮影スケジュール、もしかしたら私から見えない裏の部分ではキリキリと胃の痛むような事態もあったのかもしれません…)。ドラマの方は、早くもそろそろ折り返し地点を迎えますね。「三次元でお送りする少女漫画」です。最終回まで存分にテレビの前できゅんきゅんして転げ回りながら(?)観てくだされば幸いと存じます。…え? ご家族やご友人からの白眼視が痛い?ですって? そんな、あとたった数週間のことじゃないですか。人の目なんか気にするなよ(ドS)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事