復帰の今井翼、生涯現役を宣言「新しい今井翼と出会いたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元タッキー&翼のメンバーで、2018年9月にジャニーズ事務所を退所した今井翼(38)が18日、都内で行われたハワイ州観光局『サーフィン』記者発表会に参加。ジャニーズ事務所退所後、初のPRイベントに登場し、笑顔を見せた。

【動画】笑顔で登場した今井翼、ノリノリでサーフィンのポーズ!

 今井は14年にメニエール病を発症し、療養のため昨年無期限の活動休止を発表したが、順調に体調が回復したため、今月13日に行われた舞台『NOBUNAGA』で復帰していた。

 今井はハワイ育ちのすみれと共にトークショー。何度もハワイを訪れ、自身にとって欠かせない“楽園”だそうで、ハワイアンルックで登場した今井は「こんにちは、今井翼です」と笑顔であいさつした。中学時代に初めてハワイに行き、虜に。ここ10年ほどは毎年のように訪れているそう。「去年は1年間、療養期間を過ごしていたので4回、ハワイに行って英気を養った」と話す。続けて「ハワイには、その地にいるだけで、すごく活性化して、浄化をされた。日本人がリラックスできる特別な島だと思う」と力説し「舞台が終わったばかりなので、ハワイに行きたいではなく、帰りたいなと思います」とし、関係者から歓声が上がっていた。

 会見終了後に取材に応じた2人。幸せな瞬間を問われると「おかげさまで仕事を再開することができた。ここから、またお仕事を頑張る。自分でハワイの便を探している時間から『頑張ろう』と思えますかね」としみじみ。「人に生かされてこその道。リスタートを切ることができたので自分なりに楽しみながら、お仕事を」と変わらぬ笑顔を見せた。

 “波に乗っている”今年にやりたいこと聞かれ「いっぱいあります。今月、再び舞台に立つことができました。体を資本としながら可能性を持って、ずっと現役でやっていきたい。チャレンジングに、これまでの経験を生かしながら、でも、それだけじゃなく、もっと枠を広げながら新しい今井翼と出会いたい」と抱負を語った。具体的に求められると「声のお仕事をやってみたい。ステージが好きだから自分自身のショーをやってみたい。ミュージカルとか、10月に(片岡)愛之助さんと歌舞伎をやらせていただく。ボーダレスにやっていきたい」と宣言していた。

 最後は「今年は僕にとっても特別な年。全てのことを楽しみながら、もっともっと楽しみを持って日々を過ごしていきたい。ハワイで、いつかファンの皆さんと楽しい時間を過ごせたら」と夢を明かしていた。

 ハワイ州観光局は、2020年のプロモーションとして『サーフィン』を通じて、ハワイの魅力を発信。日本のプロサーファーである五十嵐カノア選手が親善大使に就任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事