妻夫木聡&柄本佑&夏帆が『ボクらの時代』出演 3人とも「映画の試写苦手」と共感
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の妻夫木聡、柄本佑と女優の夏帆が23日放送のフジテレビ系トーク番組『ボクらの時代』(毎週日曜 前7:00)に出演する。映画『Red』で共演している3人が、プライベートや演技の話に花を咲かせる。

【全身ショット】イベントには…キュートな水玉ワンピ姿の夏帆も登場!

 初登場の夏帆は、トーク番組に出演することは「あまりない」そうで、少し緊張した面持ち。柄本も2009年の出演以来およそ11年ぶりとあり、「どきどきしてます。頭の中で(番組テーマ曲の)ビートルズ(の『ハロー・グッドバイ』が)流れてます」と語り、和やかな雰囲気でトークが始まる。

 夏帆は柄本の弟で俳優の柄本時生とプライベートで親交があり、それがきっかけで兄の佑とも知り合ったという。柄本が「俺、弟(時生)大好き」と言うと、夏帆は時生が兄について語ったときのエピソードを明かし、それを聞いた彼はしたり顔に。

 映画で共演している3人は演技の話題へ。夏帆は「映画公開前の試写は独特な空気感。自分の演技を見るのは恥ずかしいし、周りの人と会話して言い訳しながら見たい」と話すと、これには柄本も「分かる!」と同調し「試写は反省会みたい」と苦笑いした。妻夫木も試写は苦手なようで、“あること”が理由で舌打ちをしてしまうと語る。これには2人も思い当たるところがあるようで、大きくうなずきながら共感していた。

 一方で、妻夫木と柄本は父親としての顔ものぞかせる。柄本が「(普段生活している中で)落ち着くのはどんな時?」と投げかけると、妻夫木は「子供の寝顔を見ているとき」と即答。昨年に第1子が誕生した妻夫木は毎日子育てに奮闘しているそうで、「今は世の中のママさんたちを尊敬している。本当にすごい!」と感心していた。最近はある番組を見て号泣したと言い、笑いを誘う場面も。柄本も子供が生まれてからは親との関係に変化があったとし、家族全員での子育てエピソードを語る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事