中居正広、2時間会見を照れ笑いで振り返る「ちょっと自分じゃないみたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タレントの中居正広(47)が、22日放送のテレビ朝日系『中居正広のニュースな会』に出演。きのう21日に都内で会見を行い、3月いっぱいで退所し、個人事務所『のんびりな会』を設立したことを発表したが、その時の様子を自ら振り返った。

中居正広のTV出演歴

 会見定刻より15分早く、中居は『フラッシュの点滅にご注意ください』のプラカードを手に報道陣を待ち構えた。2時間に及ぶ会見で報道陣の質問にもNGというNGはほぼなく、SMAPのメンバーとのことや、解散騒動のことも包み隠さず自らの言葉で伝えた。

 懐に忍ばせたジャニー喜多川さんの遺骨の入った小瓶を取り出して「当時の滝沢(秀明)くんに、僕(お別れ会に)行けなかったので、骨をかっぱらってくれと」と恩師への思いをのぞかせ、その場をしんみりとさせながらも「今の(話題)じゃないですか? サビは?」としっかりオチをつけるなど、ユーモアを交えながらも思いを口にしていた。

 中居は自身の会見VTRを、時に笑顔で、時に真剣な面持ちで眺めていたが、コメンテーターの須田亜香里や劇団ひとりらは「再現多いな、そこまでしなくていいでしょう」とサービス精神旺盛な様子にツッコミ。中居は、冒頭20分にわたるVTRを終えると「VTR長くないですか(笑)。ちょっと自分じゃないみたいな感じですね。いつ終わるかわからない。本当にひとりだったので、いつもは司会の人とかいるけど、誰もいなかったので」と明かした。

 会見の詳細をツッコまれると「そんなこと聞くな。恥ずかしい」と照れ笑い。「のんびりな会」の命名について「名前は入れた方がいいなと。中居エンターテイメントみたいな、中居プロとか。どうしようかなと。中居が頭じゃなくて『な会』がいいんじゃないかなと。いくつか候補がある中で思ったんじゃないですかね」と語った。

 古市憲寿氏からSMAP時代との違いを向けられると「時間的には空きますし、こんなにのんびりで、時間が空くんだと思いました」とコメント。今回の選択について「リセットじゃないですか。第2章というか、第1章は終わったんじゃないかなと。30年ってなかなかの月日ですからね」と振り返った。

 今後の活動について「まったく目的とか理想がないので(解散後の)3年間の間にこんな風になりたいなっていう山が見つからなかったので、さすがに環境を変えないと、タレントとしてはいけないのかなと。でも環境が変わって、円滑にできるとは思えないし。変えないといけない」と思いを口にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事