赤西仁、コンサート5公演開催自粛 新型コロナウイルス感染拡大の可能性を考慮
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 歌手・赤西仁が3月11・12日に東京・LINE CUBE SHIBUYAで予定していたコンサート『JIN AKANISHI LIVE "Rehabilitation" IN TOKYO 2020 YEN』全5公演の開催を自粛することが23日、所属事務所を通じて発表された。新型コロナウイルス感染拡大の可能性を考慮した結果としている。

【写真】錦戸亮との共同プロジェクト「N/A」もスタートする赤西仁

 所属事務所は「新型コロナウィルスの感染拡大状況、および日本政府からの注意喚起を踏まえ、赤西・スタッフ一同で、開催の検討を重ねて参りました」と経緯を説明。「厚生労働省の発表によると、政府としては一律のイベント自粛要請は行わないという判断ではございましたが、2日間で約1万人の方々にお集まり頂く事による、ウィルス感染拡大の可能性を考慮した結果、何よりもお客様、並びにスタッフ・関係者の健康や安全面を最優先とし、誠に残念ではございますが、開催を自粛させて頂く事を決定致しました」と説明した。

 3月11日の2公演(後5:30/8:00開演)、翌12日3公演(前11:30/後2:00/後4:30開演)の全5公演の開催を自粛。チケットの払い戻し方法に関しては、改めてオフィシャルサイトで報告するとし、現在受付中のイープラスアプリ限定先行受付は無効となる。「チケットをお買い求め頂き、公演を楽しみにして下さっていたファンの皆様には、心よりお詫び申し上げます。また、この事態が一刻も早く収束する事を、赤西・スタッフ一同、心よりお祈り申し上げます」と結んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事