富田望生“食通”キャラで小芝風花の親友役「とことん真面目に走ろう」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の富田望生が4月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(毎週日曜 後10:30)に出演することが、わかった。主演の中村倫也演じる探偵・明智五郎の相棒・小林苺(小芝風花)の親友・桃子役に起用された。

【写真】真紅のスーツを着こなす中村倫也 原作書影も

 同ドラマは『海月姫』『東京タラレバ娘』で知られる東村アキコ氏の初サスペンス漫画を原作に探偵・明智五郎が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼へと変貌する主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”。

 苺は、移動販売のワゴン車でおいしい弁当を売りながら、常連客である明智に巻き込まれていつのまにか、探偵の助手をさせられてしまうというキャラクター。桃子はそんな苺の幼なじみで親友。ピーチ不動産社長の一人娘で、家は超お金持ち。大食いで、食べることが何より好き。明智に負けず劣らず食に詳しく、苺と明智の関係に興味津々で、何かと世話を焼こうとする。

 『ODEN』というロゴとおでんのイラストがプリントされたインパクト大な衣裳で、写真撮影に臨んだ富田。食べることが何より好きというだけあって、桃子の衣裳は基本的にどれも食べ物が描かれているそう。

 富田は「存在感があるような…ないような…(笑)良い意味でどちらにも当てはまるスピード感を持ち合わせた彼女を生きる時間は、さまざまなギャップを楽しみながら、新しい価値観を開拓している感覚です。苺のそばに生まれたからには、皆さんに面白がってもらえるよう、とことん真面目に走ろうと思います。お楽しみに!」とコメントを寄せている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事