映画『ストーリー・オブ・マイライフ』最新日本版予告編が解禁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※政府および関係機関等による新型コロナウイルス感染拡大防止対策の方針に鑑み、初夏に公開延期となりました(2020-03-03 )

 19世紀を代表する⼥性作家、ルイーザ・メイ・オルコットの世界的ベストセラー⼩説『若草物語』が原作の映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(3月27日公開)の最新日本版予告編が解禁された。

【動画】映画『わたしの若草物語』最新日本版予告編

 同映画は、ルイーザ・メイ・オルコットが自らの生き方を重ねて書き上げた次女ジョー・マーチと、彼女の姉妹たちの物語。主人公である次女ジョー(シアーシャ・ローナン)は小説家として生きていくことを決意する中、マーチ家の姉妹たちも、それぞれの選択を胸にしていた。エマ・ワトソン演じる長女メグは、愛する人との結婚による幸せを、妹ベス(エリザ・スカンレン)は自らの病との闘いを、そしてもう一人の妹エイミー(フローレンス・ピュー)は、上流階級との結婚によってもたらされる家族の幸せを。4人はそれぞれの信じる道を歩みながら、人生の厳しさにも直面していく。それでも彼女たちのそばには常に家族の愛があった。

 予告編の中にも描かれているように、ジョーはあきらめた恋と引き換えに孤独で苦しむ中、母親(ローラ・ダーン)が「あなたらしく生きればいい」と、そっとジョーの背中を押す。4人それぞれが信じる形で追い求めた“幸せ”は、結婚であり、仕事であり、お金であり、そして生きること。時代を超えて愛される4姉妹の物語が、まるで現代に生きる女性たちを新しい世界へといざなうように、あざやかに描き上げられる。

 また、予告編の最後、「叔母さん 結婚は?」と聞かれて、「私は金持ちだからいいの」と答えるインパクトのあるご婦人は、四姉妹の裕福な叔母マーチ。アカデミー賞の常連、名女優のメリル・ストリープが華を添えている。

 先日、発表された『第92回アカデミー賞』で、衣装デザイン賞に輝いたジャクリーン・デュランによる素晴らしい⾐装の数々も見どころだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事