『アリバイ崩し承ります』間宮祥太朗、木村カエラがゲスト出演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の浜辺美波が主演するテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『アリバイ崩し承ります』(毎週土曜 後11:15~深0:05)の第6話(3月7日放送)に、俳優の間宮祥太朗と、主題歌「時計の針〜愛してもあなたが遠くなるの〜」を歌う木村カエラがゲスト出演する。

【写真】第5話(2月29日放送)も浜辺美波が冴えまくり!

 同ドラマは、祖父から受け継いだ時計店を切り盛りする美谷時乃(浜辺)が1回5000円で“アリバイ崩しを承り”、那野県警捜査一課のプライド高き管理官・察時美幸(安田顕)との凸凹バディーで難事件に挑む本格謎解きミステリー。

 第6話で、間宮が演じるのは、組対(組織犯罪対策部、通称「マル暴」)の刑事・真壁剛士(まかべ・たけし)。まるで暴力団の構成員かのようないでたちで、時乃や察時を震え上がらせながら登場する。実は、ボンボン刑事・渡海雄馬(成田凌)とは幼なじみの親友で、彼にだけ見せる一面もある。真壁のもう一つの顔とは?

 間宮と成田はガチの親友ということもあり、息の合った演技を見せていた。撮影後、間宮は「アドリブも含め、自由にやったことが広がっていく現場だから、楽しんでやろうって言ってくれた成田と二人でコチョコチョいろんなことをやりました(笑)」とコメント。親友だからこそのコンビネーションで、どんなやりとりが繰り広げられたのか、注目だ。

 一方、木村が演じるのは、暴力団の組事務所を次々とぶっ潰してきた組対のトップに君臨する警部・村木キャサリン(むらき・きゃさりん)。小柄できゃしゃな外見からは想像もつかないほどクールで厳しいキャサリンは、コワモテの部下たちを束ね、“組対の女帝”として恐れられているほどのヤリ手警部。キャサリンが察時ら捜査一課のメンバーにどう絡むのかも見どころ。撮影を終えた木村は「私にこんな女帝感が出せたんだなぁってテンションが上がりました(笑)」と、話していた。

■間宮祥太朗のコメント
――『アリバイ崩し承ります』をご覧になった感想を教えてください。

【間宮】アリバイトリックの謎解き部分は見応えがあるんですけど、そこに重きを置き過ぎているわけではなく、キャラクター同士のやりとりを見ているだけでも楽しめる、バランスのいいドラマだなと思いました。

――第6話の撮影に参加していかがでしたか? また、共演した皆さんの印象を教えてください。

【間宮】成田と一緒に芝居するのは今回で2回目くらいなんですけど、20~21歳頃からの付き合いなんですよ。飲みに行った時に、どんな役でどういうことをやるっていうのを成田から聞いたんです(笑)。あと、アドリブも含めてみんなが自由にやったことがどんどん広がっていく現場だから、楽しんでやろうって言ってくれましたね。

 浜辺美波さんは初めてお会いしたんですけど…圧倒的愛きょうですね! 安田顕さんは、何度かご一緒したことがあるんですが、ちょっとしか口を開けないのにあれだけ大きい声が出るということにまだ慣れないですね。口の開き具合と声量が合わない!(笑)

――視聴者の皆さまにメッセージをお願いします。

【間宮】第6話のトリックは結構難しいので、いつも以上に見応えがあると思います。僕個人的には、成田とコチョコチョいろんなことをやっているので(笑)…そんなところも楽しんでいただければうれしいです。

■木村カエラのコメント
――『アリバイ崩し承ります』をご覧になった感想を教えてください。

【木村】皆さんのキャラクターが面白くて、ついつい見入ってしまいます。見ているうちに、「どんなアリバイなの!?」って気になってきて、気づくと自分もあの世界にグッと入り込んでいる感じがしましたね。コミカルなシーンはいい具合にふざけていて、謎解きの部分はシリアスで…ちゃんと世界が作られているなと思いました。

――第6話の撮影に参加していかがでしたか? また、共演した皆さんの印象を教えてください。

【木村】こういう場所で仕事をすることがなかなかないのですごく緊張していたんですが、何度もテストを繰り返すうちに、ほぐれていって楽しむことができました。実はデビュー当時、北海道で安田顕さんに何度かインタビューしていただいたことがあるんです。その後、安田さんが東京でも俳優として活躍なさっているのを見ていたので、今回お会いするがとても楽しみでした。これまでと違った形で一緒にお仕事ができたことがすごくうれしかったです。勝手にジーンとしちゃいました(笑)。

 浜辺美波さんは、実際にお会いしてもかわいい方でした。まだ19歳なのに、すぐにふざけるオジサマたちの間でとてもしっかりしてらっしゃって、空気を読むのが上手な方だなぁと思いました。短時間で、自分でも何回言ったかわからないくらい「かわいい、かわいい」って言っていました(笑)。

――視聴者の皆さまにメッセージをお願いします。

【木村】第6話の見どころは…私の登場シーンでしょうか。さっきプレビューを見てみたら、女帝感がハンパなかったです。私にこんな女帝感が出せたんだなぁってテンションが上がったので(笑)、皆さんにもぜひ見ていただきたいですね。普段の私とはひと味どころかまったく違う、そんな役柄を楽しみにしていただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事