就活を最新キーワードで描くミニドラマ 5夜連続放送
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「自己PRが書けない」、「SNSで友達の内定を知るたび落ち込む」など、切実な就活生の悩み。しかも「悩んでいるのは自分だけではないのか?」と不安に思う人も少なくない。そんな就活生の悩みに寄り添い、そっと励ますミニドラマシリーズ『就活生日記』が3月9日から13日までの5夜連続、NHK総合で放送される(毎日 後11:45~11:50/3月17日 後10:50~11:15※5話一挙放送)。

【写真】#2以降の場面カット

 「学チカ」「0泊3日弾丸就活」「親カク」「お祈りメール」など、就活を取り巻く最新キーワードを織り込んだ、笑いあり涙ありの5つのストーリー。5分×5夜連続で、就活生のココロをいやす。

■第1話「ここ掘れガクチカ」
 富田望生演じる佐田華凛は、入社面接での定番の質問「ガクチカ(学生時代力を入れたこと)」が、うまく答えられず内定をもらえないでいる。そんな中、同じ“ガクチカ弱者”だと思っていた親友の理沙から「内定が出た」と告白され、華凛はショックを受ける。

■第2話「就活逃避行」
 就活掲示板やSNSにあふれるさまざまな情報に振り回され、就活疲れの神山(前田旺志郎)と吉川(小平大智)は、“スマホ断ち”キャンプに出掛けることに。しかし、キャンプ場でも2人は友人たちの就活の動向が気になってしまう。すると2人は、隣でテントを広げる男性(皆川猿時)に声をかけられる。

■第3話「0泊3日弾丸就活」
 東北の大学に通うさや(吉田美月喜)は東京の企業を目指す、地方就活生。学校やバイトを頑張る傍ら、夜行バスで東京に行き、朝から就活をして、また夜行バスで地元に帰る、「0泊3日弾丸就活」をすることもしばしば。そんなさやを母親は「無理してない?」と心配しているのだが…。

■第4話「祈られすぎて神に近づく男」
 「今後のご活躍をお祈り申し上げます」で結ばれる不採用通知、通称「お祈りメール」。友人たちが内定を獲得する中、乾祥平(上川周作)はまだ「お祈りメール」をもらい続ける日々。「祈られすぎて神になりそう」と自虐的に言う乾を見かねた蒼(泉澤祐希)は祥平をある場所に連れ出す。

■第5話「オヤカクまであと何歩?」
 一ノ瀬蒼(泉澤祐希)は、すでに志望のベンチャー企業に内定しているのだが、大手企業に入ってほしいという父親(田中要次)の期待を感じ、内定したことを言い出せずにいる。内定先から求められた“オヤカク”(入社に対する保護者の承諾)の承諾書提出の期限が迫る中…どうする蒼?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事