女子高生の低レベルな日常は「身に覚えがある…」 ドラマ『女子無駄』コメディレベルの高さに共感の声が続々
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 絶妙なくだらなさが話題のドラマ『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系)。男子がいない女子高を舞台に進行する女子高生=JKを描く物語で、満足度を調査した「オリコンドラマバリュー」では、リアルタイム視聴した人の評価は100Pt満点中80Ptと高い数値を記録した。

【写真】全力の朝ドラパロディ『ロボっこ』ほかシーン写真(全37枚)

◆残念な女子高生の「黒歴史」を“笑い”に変えて表現

 物語は、本能のままに生きる田中望=「バカ」(岡田結実)、才能が足りない漫画家志望で突っ込み役の菊池茜=「ヲタ」(恒松祐里)、感情が死滅している鷺宮しおり=「ロボ」(中村ゆりか)という特徴的な呼び名の個性的なJK(女子高生)トリオを中心に進む。

「ウチらってさぁ、今がピークなんじゃない」「客観的に見ても中の下」「唯一の武器は若さ」「いま頑張らないと一生彼氏とかできないんじゃない」「彼氏をくれ~」「モテた~い」と矢継ぎ早に感情むき出しの本音がさく裂だ。

 エピソードは、ドキドキを探しに街へ、中二病、JK同士の恋心、転校生の存在、死に方あみだ、友情への疑い、靴箱の手紙、毛深さの追求、告白のシーン、などなど細かくてふり幅も広い。渦中のJKたちの極端な反応が痛快で、一瞬も台詞を聞き逃せない。

 主演の岡田は撮影前のコメントで「高校時代、私もこんなことやってたな、って懐かしくなりましたし、それを演じさせていただけることはめちゃめちゃうれしくて『よし、ぶっ壊れよう!』と思いました」と語っているとおり、吹っ切れた演技が全開。恒松、中村の演技も高評価だ。

 トリオのほか、「死に方あみだ」を流布させる「マジョ」(井本彩花)、心と頭が弱い優等生の「マジメ」(浅川梨奈)、第3話からは欅坂46の小林由依演じる、原作ファン待望の小悪魔系百合ガール「リリィ」も登場。全員がキャラ立ちまくりで、俳優陣の熱演に引き込まれる。

 数少ない男性陣も、着任早々「女子大生派を宣言する」クラス担任・沢渡先生「ワセダ」(劇団EXILEの町田啓太)や大倉孝二演じる教頭先生など、一人として「普通の人」がいない人物像で笑わせてくれる。

 ナレーションは、フリーで活躍するアナウンサーの近藤サトが担当。「女子高生、いま振り返ればどれもこれも黒歴史」といった“心の声”で笑いに一役買っている。

 視聴者からは、「身に覚えがあるような面白さ」(20代女性/東京)、「まさかの今一番はまっている、面白い」(20代男性/長崎)、「女子高生の生態がよくわかる」(50代男性/東京)、「自分の高校時代を思い出す。女子高生なんてあんな感じ」(20代女性/神奈川)、「主演やワセダ、ロボ、ヲタの言動がとてもリアルで楽しく見ていて飽きない」(20代女性/埼玉)など、誰もが経験した身近な感覚とともに、熱い共感を呼んでいる。

◆実力演出&脚本家たちがみせる巧なコメディセンス、原作&アニメファンも納得

 ドラマ内ドラマとして『連続ドラマ内小説「ロボっこ」』を挟み込むなど、多重構造で笑える構成もユニークで見ごたえがある。この厚みのある構成を実現させたのは、脚本を数人の脚本家が交代で書いていく試みだ。

 田辺茂範氏(劇団ロリータ男爵)、矢島弘一氏(劇団東京マハロ)、角田貴志氏(劇団ヨーロッパ企画)、山田由梨氏(劇団贅沢貧乏)、安藤奎氏(劇団アンパサンド)、玉田真也氏(劇団玉田企画)と、演劇のみならずテレビ、映画でも実績があるコメディが書ける脚本家たちが集結した。演出も、土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』や、金曜ナイトドラマ・池井戸潤原作の『民王』(共にテレビ朝日)などを担当した山本大輔氏、『過保護のカホコ』、『同期のサクラ』(共に日本テレビ)の日暮謙氏といったヒットメーカーたちが起用されている。

 じつは本ドラマの原作は、WEBサイト『コミックNewtype』で連載中の同名作(著者・ビーノ氏)。2019年7月にはTVアニメも放送された。実写化となるとコミックやアニメファンの目も厳しくなるものだが、本作はその点でも好印象。

「原作通り面白くてもっともっとみたいと思った」(20代女性/千葉)、「原作をそのまま再現していて笑えた」(30代男性/滋賀)、「アニメが面白かったので実写はきついと思ったが、それぞれ合っている気がする」(50代女性/埼玉)、などと評価は高い。

 3月6日に放送される最終回は、いったいどんな展開を迎えるのか。JKの笑える日常を最後まで堪能したい。
(文/波尾哲)

●オリコン ドラマバリューとは
オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1~20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事