安倍乙、齋藤飛鳥主演『映像研には手を出すな!』にうえきやサトシと出演「人生初のウィッグ!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 劇団4ドル50セントに所属する俳優のうえきやサトシ、女優の安倍乙がアイドルグループ・乃木坂46の齋藤飛鳥が主演し、山下美月、梅澤美波が共演する映画『映像研には手を出すな!』(5月15日公開)と、4月からMBS/TBS系で放送される同名ドラマに出演する。齋藤ら3人が所属する“映像研”を中心に、周りに存在する様々な部活動との関係性が描かれ、その部活動の一員として安倍とうえきやが登場し、作品を盛り上げる。

【別カット】ウィッグ姿が新鮮な安倍乙

 原作は、虚実入り乱れた個性的な世界観と“最強の世界”を夢見てアニメ制作に情熱を注ぐ女子高生たちの青春冒険譚で、『ブロスコミックアワード2017』大賞、『俺マン2017』第1位、『マンガ大賞2018』ノミネートなど数々のアワードを獲得。16年から『月刊!スピリッツ』(小学館)にて連載中で、NHK総合テレビで20年1月からテレビアニメも放送されている人気漫画。

 齋藤が演じる主人公・浅草みどりは「アニメは設定が命!」を信条に、ことあるごとに妄想で世界を染め上げる変わり者。山下は、俳優一家に生まれ、親に反対されつつもアニメーターを目指すカリスマ読者モデル・水崎ツバメ役。梅澤は、2人の才能をまとめ、管理してお金もうけをしようとするプロデューサー気質の少女・金森さやかを演じる。

 安倍は「なんと! 人生初のウィッグをかぶっての撮影でした!!」と振り返る。そして「皆さま、私を見つけられるでしょうか…? ぜひご覧くださいませ!」と呼びかけた。うえきやは「とても楽しい現場でした! うるさく・汚く・時に…はい(笑)。お楽しみにっ!!」と意味深にコメントしていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事